湯あたりかも。温泉後、頭痛や吐き気が起きた原因や治し方 | はなまるくらし

湯あたりかも。温泉後、頭痛や吐き気が起きた原因や治し方

頭痛

こんにちは~!てんまるこです。

寒くなると温泉が恋しくなります。
温かいお湯に入って体のコリをほぐしたり、ボーとして嫌なことを忘れたり、
今すぐにでも行きたくなりますね。

温泉は気持ち良く、至福の時間ですが、
ついつい長湯になってしまいがちです。
疲れを癒すはずが、
温泉から出たあとは気持ちがいいのに、
しばらくするとなぜかいつも頭が痛くなったり、気持ち悪くなったりするって事はありませんか?

それは”湯あたり”かもしれません。
湯あたりの原因と対処法を紹介します。

 

温泉入浴後に頭痛や吐き気が起きる原因


熱い温泉に長時間入っている時に、
体がだるい、気分が悪い、頭が重い、食欲がなくなるなどの
体調が悪くなる症状がでることを「のぼせ」と言います。

聞いた事ありませすよね?
温泉のお湯が高温で、心臓などの循環器に負担がかかることで体調不良を引き起こすのです。

こののぼせは家での入浴でもあり得ます。

ぬるいお湯であれば、心拍数や血圧はあまり変化をしませんが、
約42度以上の高温になると、心拍数や血圧が上昇して、循環器への負担が増えてしまうのです。

また、食事をした直後や、運動をした直後に入浴した際も、
食べたものを消化するために消化器系に血液が多く必要で、
運動直後も血圧、心拍数ともに上昇していますので、
循環器へ負担がかかり、体調不良を引き起こしやすくなります。

42度以上の高温の湯船につかる → ×
・食後すぐの入浴 → ×
・運動直後の入浴 → ×

以上は健康な人が起こしやすい状況になりますが、
バセドウ病や自律神経失調症、更年期障害などの持病がある人はのぼせやすい傾向にあるのでので、さらに注意が必要です。

 

のぼせとは違い、
温泉に数回入って、温泉の成分によって中毒反応を起こすこと「湯あたり」と言います。

硫黄の温泉や酸性の強い温泉、放射能泉など刺激が強い温泉で、
継続的に温泉に入り始めてから2,3日~1週間後に発熱や下痢、湿疹、嘔吐などの症状が出たら、「湯あたり」の可能性が高くなります。

入浴した温泉の成分が身体を刺激して、
免疫系や自律神経系、ホルモン分泌系などが防衛反応を起こすことで、体調不良が起こると言われています。

 

のぼせや湯あたりの予防や治し方

まず、温泉に入る前には必ず水分補給をしておくことが大切です。

入浴中はかなりの汗をかき、
水分やミネラル、ビタミンが不足しますので、
体調不良を起こさないように、水や麦茶、スポーツ飲料などの水分補給が必要です。

食事した直後や運動直後には入浴せず、しばらく休んでから入浴すること
「のぼせ」や「湯あたり」の予防になります。

また、温泉に入る前にかけ湯をすることで、身体が急激な温度変化するのを防ぎます。

湯船に入るときは、ゆっくりと足先からつかり、湯船から上がるときも、ゆっくりと上がりましょう。

長時間入り続けることも、「のぼせ」や「湯あたり」の原因ですので、
5分ほどの入浴をしては、少し休憩をして、再び入るといったこまめな休憩を取ることが大切です。

 

もし、のぼせたり湯あたりした時には、熱中症と同じ症状になりますので、対応も同じ対応をしたらよいことになります。

身体を休めるために横になる場合は、
万が一、嘔吐した際に喉に嘔吐物を詰めて窒息しないように、
横向きに寝てあごを少し上げる姿勢をして、気道を確保することが必要です。

また、大量にかいた汗の水分を補給するために、吸収の早いスポーツ飲料などを飲んで、
体内の水分を補いましょう。

熱い温泉に入って、身体の中に熱がこもっている状態ですので、適度に熱が放出できるように、わきの下や首の下を冷やすとこもった熱も放出しやすくなります。

 

まとめ

温泉が気持ちよいと思って、長時間入ることは注意が必要ですね。

適度にお湯から出て休んだり、体調がおかしいと思ったら無理せず
温泉から出て休むことにしましょう。

子連れのお母さんは子供達の身体を洗ってあげたり、一人ずつ子供をお風呂に入れていたら、お母さんだけ長湯になってしまい、のぼせてしまうというケースがよくあります。

子供の体調を気に掛けると同時にお母さん自身の体調の変化にも気をつけましょうね。

子ども達は大きな温泉に行くと、嬉しくなって色々な湯船に少しずつ入るので、落ち着かないと思っていましたが、そうした短時間で色々な湯船につかることが、身体にとってはいいことだったのかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です