上白糖は体に悪い?原料や危険性を調べてみた! | はなまるくらし

上白糖は体に悪い?原料や危険性を調べてみた!

あなたは煮物を作る時に、砂糖を使いますか?
コーヒーや紅茶を飲む時、砂糖は入れますか?

私達の食生活の中では、見えない所でも沢山の調味料が使われています。
その中でも特に馴染みが深いのが砂糖です。

料理はもちろん、デザートや飲み物に至るまで幅広く使用されている砂糖。
砂糖を摂取しない日はないのではないでしょうか。

ですがその砂糖に関して、最近良くない噂が飛び交っています。

【上白糖は危険】

という噂です。

【健康を害する】

【精神不安定になる】

【依存症の様な症状が現れる】

などなど…そこで、それらの噂の真実を確かめるべく、調査をしました!

 

 

意外と知らない!?上白糖の原料やカロリー

砂糖は、サトウキビを煮出しその汁を絞った物を
ろ過する作業を何度も繰り返し精製されます。

その過程で
転化糖という糖の混合物を含ませて出来る細かい結晶の事を上白糖と言います。

原料は黒糖やグラニュー糖など他の糖類と同じですが、
上白糖は転化糖の作用もあり、他の糖より甘みが強くしっとりしているのが特徴です。

その上白糖、気になる事はあれこれとありますが、まずは、ほぼ全員がチェックすると言ってもいいカロリーから見てみます。

上白糖は、だいたい大さじ1杯で35キロカロリーです。

飲み物に入れる程度であれば気にするほどではないかも知れませんが、
料理やデザートの中に入っている糖分も加味すると、
どんどん摂取カロリーは上がっていき、あっという間にご飯1膳分…

なんて事になりかねないかもしれません…いえ、恐らくそうなってしまうでしょう。

 

 

上白糖に潜む危険性!何気なく摂取してるけど…

では、ここからは悪い意味での気になる事…

【上白糖は危険】

という噂の真偽を確かめていきます!
なぜ危険なのか…それは上白糖の精製過程にあるようです。

先ほどもお話ししましたが、
上白糖は転化糖と呼ばれる別の糖分が足される事で出来上がります。

糖分が多い=それが与える影響も大きくなる

という式が成り立ちますね。

人の体は糖分が入って来ると血糖値が急激に上昇します。
そこから体は、上がった血糖値をどうにかしようとするのですが、

その手段として

【今以上血糖値を上げないように消化を遅らせる】

という判断をします。
つまり、胃腸の働きを弱めるという事です。

そこでいったん落ち着いても、
今度は入ってきた糖分を消化させる為、体は

【ビタミンやカルシウムをフル稼働して消化活動を行う】

んです。この時、体が失う栄養素は
精神状態を良好に保つために必要な栄養分でもある為、
【糖分を摂りすぎると情緒が不安定になる】
という噂が流れた訳です。

 

 

上白糖には中毒性もあるらしい!忘れちゃいけない糖の恐怖

上白糖などの純度の高い糖分が摂取されると、
脳内で心地よいと感じる物質が分泌されるそうです。

どおりで、甘い物を食べるととっても幸せな気分になれる訳ですね。

そして、私達はそのなんとも言えない幸福感を求めて、
イライラした時にも甘い物を探してしまうのです。

やがて、どんな時も気持ちを落ち着かせる時に
糖分を摂取するのがくせになると、

【糖分を摂取する度に気分の浮き沈みが激しくなりその中毒性に溺れてしまう…。】

そうした結果、
うつ病の様な深刻な精神疾患に発展する可能性もあるようです。

そして何より危険な事は、

【糖分は摂りすぎる事が病気のきっかけになる】

という根本的な問題です。

上白糖に限らず、他の砂糖でも十分すぎる糖分を摂取できるので
取り過ぎは万病の元です。

最近は糖に関しては精神的なリスクに注目しがちですが、
強い糖分がもたらす根本的な危険性は、今も昔も変わりません。
使い方で生死を分ける危険な調味料という事ですね。

 

まとめ

なんでも、少し足りない位がちょうどいいんです。
美味しいから、幸せに浸れるからと言って、摂り過ぎてはいけません。

特に上白糖の様な、○○糖、○○糖と、
同じ種類の食品に紛れた要注意食品は、
気をつけていないとついつい多く摂ってしまうものです。

自分や大切な人の健康を脅かす物をうまく扱えるのは、台所に立つあなただけです。

実は上白糖以外にも調味料には危険が潜んでいるかも知れません。
これを機会に、今まで意識していなかった食品にも目を向け、
より一層、健康になれる食生活を目指してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です