年子育児に疲れた時はSOSを出そう!イライラを乗り切った便利グッズとは | はなまるくらし

年子育児に疲れた時はSOSを出そう!イライラを乗り切った便利グッズとは

こんにちは。3児の母、てんまるこです。

いつも子育てお疲れさまです。
我が家には小学2年の長女、小学1年の長男、年少の次男3歳の3人の子供がいます。

上2人は1歳9か月差の年子です。
真ん中と下は2歳5ヶ月差の3学年違いです。
長女が1歳になってすぐの頃、第2子の妊娠が発覚しました。

今でこそ、子供たちが大きくなって、ずいぶんとラクになりましたが、
上の子が幼稚園に入園するまではかなり大変でした。

実家は遠い、夫は出張が多く、夜も遅い。
かわいいはずの我が子を見るだけで泣けてきてしまいくらいに私は疲れていました。

でも、子供が成長した今だから言えるんですけど、大変なのは今だけ!です。
疲れてイライラしちゃうのも当たり前。
上手くいくコツはすべてを完璧にするなんて無理と諦めること!です。

今、年子を育てているママ、年子を妊娠中のママへ。
産んだのは自分だからって、すべてを抱え込まないでくださいね。

今回は年子育児に疲れてしまったママへ、私がイライラを乗り切った便利グッズやコツを紹介します。

年子育児で大変な事と乗り切るコツ

慣れない2人育児。さらに年子育児。想像以上に大変ですよね。
私が年子育児をする上で大変だったことを紹介します。
年子あるあるだと思って、どこにも吐き出せない気持ちを共有しましょう。

寝かしつけ

まず、一番大変だったのが、寝かしつけです。
眠くなると子どもは、ぐずります。理解不能なかんしゃくも起こします。

上の子が眠い時に下の子の授乳だったり、ウンチでオムツ替えを余儀なくされたり。。
下の子がようやく寝たと思ったら、上の子が大きな音だしてすぐ起きちゃったり。
寝かしつけに1時間以上かかっちゃう事もざらですよね。

そんな時は落ち着いて、まず上の子の気持ちを落ち着かせてあげましょう。
下の子は短時間なら泣かせておいてOK。
上の子を優先してなだめる、寝かせるなどした方が結果として、早く落ち着きます。

少しずつ自分の立場を分かってきますが、まだまだ甘えたい盛りの上の子。
「そうだね。眠たいよね。」「抱っこしてあげるね」「○ちゃん、大好きだよ」
気持ちに寄り添った言葉がけをして、ギュッと抱きしめてあげてくださいね。

どうしてもうまくいかない時は、車でドライブしながら寝かしつけしていましたよ。

お風呂

次に大変だったのが、お風呂です。

我が家は夫の帰りが遅いので平日はいわゆるワンオペ育児です。
年子の乳幼児期は上の子もまだ1歳。
自分で洗ったりなんかもちろんできませんし、少し目を離す事さえ危険です。
小さな2人の子供を1人で入れようとすると、手が何個あっても足りません。

ここは面倒でも割り切ってしばらくは別々に入れるのが精神的にも肉体的にもラクです。
下の子は昼にベビーバスorお風呂。
上の子は下の子がしっかりと寝た時間帯に。我が家は下の子がしっかりお座りできるようになるまで(7、8ヶ月くらいまで)は別々に入れていました。

それでも、下の子が寝ているから”今だ!”と上の子とお風呂に入った途端に泣き出す事も日常茶飯事でした。
そんな時は仕方ないので、急いで洗って、その間は泣いて待っててもらいました。

お風呂の脱衣所にバウンサーを置いて、寝ている隙によくお風呂に入っていましたよ。
首が座る前から使えるバウンサーは、ご飯を作っている時は、足元へ置いて、泣いたら足でゆらゆら揺らす。など家中どこへでも持ち運んでいましたね。

2人抱っこは当たり前

我が家は転勤族で身内と離れて暮らしているので、平日は基本1人で育児していました。
我が子の場合、2人目が生まれてすぐの赤ちゃん返りはなかったんですが、1ヶ月くらい経ってからは下の子が泣くだけで上の子が抱っこをせがむようになりました。

下の子が抱っこされたり、授乳されるのが、嫌だったんでしょうね。授乳しながら、上の子に絵本を読んであげたりしてました。

下の子は抱っこ紐、上の子は抱っこの生活がしばらく続きました。
少し大きくなってからは、下の子をおんぶ、上の子は抱っこでしたね。。

身体がキツイなんていってられません。無我夢中で育児していた気がします。
抱っこ紐なしでの育児なんて考えられません。ボロボロになるまで使いました。

エルゴの抱っこ紐を使っていましたが、腰が痛くならないので、良かったです。
下の子は新生児の時から抱っこ紐を使っていたので、インサートは必須でした。

おもちゃの取り合いが激しい

ある程度大きくなってから一緒に遊ぶ事も増えましたが、同時にケンカも増えました。
おもちゃの取り合いは日常茶飯事です。
ですから、小さいおもちゃなんかは2つ買う事も場合によっては必要です。

また、”どっちがママのひざに座るか”でよくケンカしていました。
結局、左ひざに上の子、右ひざに下の子と二人とも同時に座らせてましたね…

買い物が大変

とにかく年子を2人連れてのお出かけは大変ですよね。
上の子が2歳あたりになってくると、基本言う事は聞いてくれません。
買い物は戦場です。

潔く無理と諦めて、買い物は宅配サービスを利用しましょう。
おすすめは【co-opdeli】。

品ぞろえ豊富だし、妊娠中~小学校入学まで宅配手数料無料なので、特に負担なく家まで届けてくれます。
食材だけでなく、日用品やおむつなども扱っていますよ。

資料請求はこちらからどうぞ>>

教育費が重なる

子供が小さいうちは教育費は幼稚園や保育園は2人目半額などもあり、そんなにかかっていませんが、
将来的には高校、大学なども同時期に通う事になるので、考えただけでゾッとする不安はあります。

不安はありますが、
乳幼児期の手がかかる期間が重なっている分、働こうと思えば働ける期間も長いです。
本格的にお金がかかってくる時期までに計画的に貯めましょう。

私の実践している節約術はこちらです。
お試し引換券おやつ、ジュース代の節約になる!ローソンお試し引換券の使い方を徹底解説 ウエル活(ウェル活)ウェル活がお得すぎる!日用品が33%オフになる!やり方を詳しく解説

自分の時間がない

年子育児をしていると、本当に自分の時間がありません。
ストレス解消がなかなかできないんです。これがイライラの原因である可能性高いです。

ドラム式の乾燥機付き洗濯機や食洗器、ルンバのような便利家電を一つでも利用すると時短になります。
一時預かりに子供を預けるもよし、宅配サービスを使ったり、オールインワン化粧品などどんどん便利なサービスの力を借りましょう。

そして空いた時間で、自分の時間を持ちましょう。
ママだからって、すべてを犠牲にする必要はないんです。
心をおだやかに保つためにも、自分の時間を少し取り入れてみましょう。

 年子にもメリットはたくさん! 良かったなぁと思う点

確かに年子育児は大変な面も多いですが、良かったなぁと思う部分もたっくさんあるんです。
子供が大きくなるにつれて、そう感じる部分は増えてきました。

第2子のつわりの時期が楽だった!

長女が1歳すぎの頃、妊娠発覚。
私は第2子の妊娠時の方がつわりはきつかったんですが、
長女がまだ幼くお昼寝もしっかりしてくれる時期だったので、
一緒に寝る事もできたし、室内遊びばかりでも満足してくれてたので良かったと思います。
2歳、3歳の育児って本当に体力必要なので。。

一緒に遊んでくれる!

2人目が少し大きくなると、いつも一緒に遊ぶようになります。
だいたいの好みが一緒なんです。
アンパンマンの時期だったり、ドラえもんの時期だったり、、成長とともに好みがかわりますよね?年子はそれがだいたい一緒なんです。

うちは女と男の年子なので今はちょっと好みの違いはありますが、
お出かけ場所だったり、見るテレビや映画だったりがだいたい一緒なので、
すごく良かったなぁと感じます。今でも公園なんか行くとずっと一緒に遊んでいます。

幼稚園や保育園の保育料が安くなる!

我が家は私立幼稚園に通っていますが、二人同時通園で2人目は保育料が半額で通えていました。
これは園によって違いはあるかと思いますが、
バス代が2人目タダ、保護者会費が2人目タダなど恩恵受けれる事もあります。

年収によっては私立幼稚園就園奨励費補助金制度でお金が還付されることもあります。
確か保育園や認定こども園も同時通園で2人目半額ですよね。

幼稚園費用の平均。公立と私立でこんなに違いが・・。我が家の幼稚園費用も公開

一緒に学べる!

うちの子の場合、第2子が負けず嫌いなのもあるんですが、年子はライバル心が強いんです。
年が近いから、子供からすると、あまり上の子、下の子っていう感覚がないんだと思います。
物心ついた時には、下がいた!上がいた!いて当たり前な存在なんですもんね(^^♪

年子は兄弟だけど、ライバル。
負けたくないんです。何でも一緒にやりたがります。

だから、親はできそうな事は一緒に教えちゃいます。
例えば、我が家の場合、時計の読み方は一緒に教えました。
自転車の補助輪なしもほぼ同時期に乗れるようになりました。

まだ、教えてないのだけど、
算数の九九を一緒に教えてしまおうとたくらんでいます。

その子の興味や得意な事、苦手な事もあるので、無理に一緒に教えなくてもいいけど、
やりたがったり、興味を持ってくれたら、一緒に教えると教える方は一度で済むのでラクですよね。

 

育児が早く終わる

長期的に考えて、例えば3歳差きょうだいより年子の方が育児期間は早く終わりますよね?
子育てでやっぱり一番大変なのは、幼稚園に入る前までの乳幼児期です。
年の差兄弟で大変な時期が何度もくるより、大変だけど忙しい時期は短いという事です。

これ私、すごく子育ての励みにしています(^^)

 

年子育児にイライラしないコツ!

年子育児のいいところ、大変だった点を紹介してきましたが、
私も年子が乳幼児の頃は本当に育児を投げ出したくなる日もありました。

だからこそ、伝えたいのが、、頑張りすぎないでねということです。

完璧を求めない

育児>自分>家事の順番で優先してくださいね。

まずは育児。次に母である自分です。これ大事!
休める時は休んで、たまには好きな事して心にはなまるあげてください!

そのあと家事。サボっているわけじゃないだから、手抜きしていいんです。

・洗濯物がたためない日があってもいいんです。
・掃除機かけない日があってもいいんです。
・冷凍食品やレトルト食品だってたまにはいいんですよ。
▶▶▶【配送無料】初回注文は50%OFFで! 『夕食ネット』の冷凍宅配弁当♪

2人がお昼寝を一緒にするように活動する!

年子の場合、下の子が赤ちゃんの時は、上の子もまだお昼寝しますよね。
これ、年子ママのメリットなんです。3歳くらいになると子供はあまりお昼寝をしなくなります。

なるべく上の子のお昼寝タイムに下の子も寝るように午前中は活動的に遊ばせるようにしましょう。
生活リズムをつけるようにメリハリのある行動が大事です。

いつもうまくいくとは限りませんが、
2人同時に寝た時はママの一人時間を満喫してくださいね。
一緒に寝たり、一人デザート食べたり、Amazonプライム・ビデオで好きな映画やテレビ番組を見たり…。ぜひゆっくりと休憩してください。

上の子中心で心のケアを。

小さいながらにお兄ちゃんお姉ちゃんになった上の子。
年子なので我慢できる年ではないし、まだまだ甘えたい年頃です。
下の子の”お腹すいた!””オムツはきれい?”など最低限を欲求を満たしてあげていたら、
多少泣いていても大丈夫。ぜひ上の子の気持ちに寄り添ってあげてください。

そして上の子が落ち着いている時、ご機嫌な時には
「○ちゃん(=下の子)かわいいね」
「○ちゃん(=下の子)のオムツもってきて欲しいな」
と、お兄ちゃん、お姉ちゃんになった自覚を少しずつ持たせてあげましょう。

でも、「お兄ちゃんなんだから…」は禁句です。

 

まとめ:年子育児で疲れた時は、少しでも自分の時間を作ろう

あなたは子供にとってどんなママでありたいですか?
子供だって、いつもイライラしているママより、笑顔のママが大好きです。

年子育児は確かに大変。イライラしちゃうのも当たり前。
だからこそ、疲れた時は、家事は手抜きして少しでも自分の時間を作りましょう。

・便利家電を利用する(乾燥機付き洗濯機、食洗器、ルンバなど)

・宅配サービスを利用する【co-opdeli】ヨシケイなど)

・一時預かりに子供達を預ける

・自分の時間を楽しむAmazonプライム・ビデオなど)

ママが元気でいれば、
きっと、笑顔いっぱいの素敵な子供に育ってくれると思いますよ。いずれ近い将来やってくる子離れの時まで、
子供と一緒に泣いて、笑って、葛藤して、たくさんの思い出を脳裏に刻んでいきましょう。
ママが笑顔でいるために便利なサービスを利用する。
そのためには、お金がかかる。

頑張らない節約をしましょう。
携帯を格安スマホに変えるだけで年間7万円の節約になりました。
ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて、年間7万円節約に成功

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です