公立小学校の入学準備にかかるお金はいくら?我が家の場合を大公開。 | はなまるくらし
初期費用0円で電気代が安くなる!今なら2,000ポイントもらえる!

公立小学校の入学準備にかかるお金はいくら?我が家の場合を大公開。

ランドセル

私は今、小学生1人、幼稚園児1人、未就園児1人を育てています。
今現在長女が小学校1年生。来春には真ん中の長男が小学校入学です。

幼稚園に比べ、小学校は義務教育だからお金がかからないと思っていたら、
意外とかかってビックリ!
幼稚園にかかったお金につづき、我が家の公立小学校の入学準備にかかった金額を書きます!
>>幼稚園費用の平均。公立と私立でこんなに違いが・・。我が家の幼稚園費用も公開

小さなお子様がいらっしゃる方はぜひ参考にして下さいね。

公立小学校入学準備にかかった金額

★体操服(半袖上下)・・・・・・・¥5,000
★体操服(長袖上下)・・・・・・・¥9,000
★算数セット(おはじきなど)・・・¥10,000
ジャージ(半袖上下)・・・・・・・¥3,000
ジャージ(長袖上下)・・・・・・・¥10,000
上履き・・・・・・・・・・・・・・¥2,300
運動靴・・・・・・・・・・・・・・¥3,000
長靴・・・・・・・・・・・・・・・¥1,000
傘・・・・・・・・・・・・・・・・¥800
カッパ・・・・・・・・・・・・・・¥1,000
折りたたみ傘・・・・・・・・・・・¥1,200
筆箱、鉛筆、下敷きなど文房具・・・¥2,000
箸、コップ・・・・・・・・・・・・¥300
なふだっこ(※1)・・・・・・・・¥300
防犯ブザー・・・・・・・・・・・・¥1,200
移動ポケット(※2)・・・・・・・¥1,200

 

小計 51,300円

★は学校指定品です。
指定の体操服とジャージ、算数セットが高いです。
我が子の小学校では、体育の日は体操服以外にも市販のジャージでもOKというルールになっています。
なので、木・金と体育が続くので、どちらかは市販のジャージを着ている子が多いです。ジャージって結構お高いのですよ・・

我が家では、幼稚園時代から継続して使えるものは使うという方針をとっているので、
ピアニカ、コップ袋、上履き入れなどは継続して使っています。

上履きもスニーカーを履く

上履きも外用と同じようなスニーカーを履いています。
これ、初めて聞いた時は衝撃でした!
「えっっ!!バレーシューズじゃないの?」

我が家が現在住んでいるのは東北の雪国なので、
冬にもし地震や火事が起きた場合、薄っぺらいバレーシューズではびちょびちょになって避難できないという理由からだそう。
納得ですね。

ムーンスターは小学生に大人気の運動靴。
瞬足かムーンスター履いてれば、間違いないってほど、上履きでも外履きでも多くの子が履いています。もちろん我が子もね。

ムーンスターって公式オンラインショップがあるんです。
無料会員登録すれば、500円分のポイントがもらえるので、少しお得に買えちゃいますよ~。
スニーカーだけでなく、バレーシューズも売っているので、良かったら覗いてみてください。


なふだっこ

なふだっことは、洋服に穴を開けずに名札を留める事ができるものです。
くるっと裏返しにもなるので、登下校時は裏向きにして使用し防犯対策にもなる優れものです。これは買って本当に良かったと思っています。
もちろん、小学校1年生の子供一人でも付け外しできます。

100均のダイソーにも同じような形のものが売ってますが、硬くて子供一人では使えなかったので、おすすめできません。

移動ポケット

移動ポケットとは、ポケットのないスカートなどにハンカチ、ティッシュなどを入れるためのもの。可愛い柄がたくさんあって、女子に大人気です。

勉強机・ランドセルなどの金額

その他、勉強机の有無、ランドセルなど各家庭で差が出る部分の金額です。
我が家の場合は、

ランドセル・・・・・・・・・・・・・・¥70,000
勉強机(ラック、電気スタンドを含む)・¥100,000
入学式フォーマル衣装・・・・・・・・・¥10,000
フォーマル靴・・・・・・・・・・・・・¥2,000

 

小計 182,000円

 

ランドセルは祖父母からプレゼントしてもらったので、実際には購入してません。
勉強机も置く派置かない派があると思いますが、我が家は購入しました。

・勉強はきちんと勉強机でする習慣をつけさせる。
・中学・高校などに入れば、必ず使う事になるだろうと思いシンプルなものを購入。
今はリビングにおいています。

現在は1つの勉強机で左右に分けて2人で使っています。
マイホームを建てた時には一人ひとつずつ購入する予定。

合計  約23万円

 

ランドセル、勉強机などは大きく金額の差がでる所なので、一概には言えませんが、
義務教育といえど、最初はなかなかの出費です。
また、何があるかわからない時代ですから防犯対策もきっちりしたいところです。

>>我が家が子供に勉強机を購入した4つの理由。リビング学習で注意する点。

まとめ:小学校の入学準備金は意外とかかる。

最初小学校の入学時にお金はかかりますが、月々は給食費と雑費で7000円ほど。

小学校の低学年がお金の貯め時とよく言いますよね!
みなさん頑張りましょう(^^)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です