兄弟一緒に七五三!初穂料は人数分必要。のし袋の書き方は? | はなまるくらし

兄弟一緒に七五三!初穂料は人数分必要。のし袋の書き方は?

七五三のし

2歳差3人兄弟のママ、てんまるこです。
うちの子たちは、長女7歳、長男5歳、次男3歳の時3人同時に七五三だったんです。

3人そろう方は珍しいと思いますが、
兄弟2人、姉妹2人などが七五三という方は意外と多いんじゃないかと思います。
満年齢5歳と数えの3歳だけど一緒にお祝いしちゃうなど・・

一緒にお祝いできるのはラッキーと思う反面、わからない事もちらほらでてきますよね?
特にご祈祷していただく際の初穂料です。

・兄弟だといくら包むの?
・のし袋は一緒でいいの?
・のしの書き方はどう書くの?

今回は、そんな兄弟姉妹一緒に七五三をする時の初穂料やのし袋の書き方、注意点などを紹介します。
結論から書いちゃうと、

  • 初穂料は一人あたり5,000円が相場
  • 兄弟一緒に七五三をする場合は人数×5,000円必要
  • のし袋は一緒でも別々でもOK。
  • のしの名前は子供の名前で。複数の場合は連名で(左から年上)

では、細かいマナーなどを紹介していきますね。
2018年の七五三の参拝に適した日にちも最後に紹介していますので、参考にしてくださいね。

初穂料って何??七五三の相場はいくら?

初穂料とは祝詞(のりと)をあげていただく謝礼として神社に渡すお金です。
七五三の初穂料の相場は5000円~1万円のところが多いです。
※神社によって多少異なるので、HPや電話で確認しておきましょう。

兄弟一緒の場合の初穂料は?

兄弟、姉妹で一緒に七五三をする場合は基本的には初穂料も人数分必要です。

まれに、神社によっては、
「1家族につき1人の際 5,000円 、2人の際 8,000円 、3人の際10,000円 」等と定められて場合もあります。

「金額はお気持ちで」となっている場合がありますので、神社に確認してみてくださいね。
「金額はお気持ちで・・」の場合は、1人5000円×人数が相場かと思います。

MEMO
お祝いごとなので、前もってしわのない新札かピン札を用意しましょう。
郵便局の窓口で「新札に交換してください」というとすぐに交換してくれます。

七五三ののし袋の書き方、マナー

初穂料の表書きの書き方は?

七五三の際は、基本的には紅白の蝶結びののし袋、袱紗(ふくさ)に入れて用意をします。
最近は可愛いのし袋がたくさん出ているので、慶事用を用意しましょう。

注意
財布から直接お金を払うと恥ずかしい思いをしますよ

上包み

のし袋の表面の書き方です。
上段に「御初穂料」という表書き、下段は子どもの名前を書きます。

MEMO
名前は親の名前ではなく、子どもの名前で書くのが一般的です。
※濃い黒色の毛筆もしくは筆ペンで記入します。

私のように字に自信がない方は達筆名人がおすすめ。

中袋の書き方

内袋はお金を入れる袋です。
内袋の表面に金額、裏面に住所、氏名を記入します。
最近ののし袋には住所や氏名、お金を書く場所が記されているので、その通りに書けば問題なし!

ここで注意したいのが、金額の書き方です。
例えば1万円の場合には、「金壱萬円」と書きます。
壱、弐、参、五、萬などという旧漢字を使います。

お札の向きは、封筒の表面から見たときに最初に出る方にお札の顔がくるようにします。
のしのお金の入れ方のし袋のお金の入れ方

中袋なしの場合

中袋なしののし袋でも大丈夫です。
その際は、裏面の左下に金額、住所、氏名の順に書きましょう。

 

のし袋の包み方、折り方

お祝いごとの時は袋の上の折り返しに下の折り返しを重ねます。
万歳(バンザイ)しているようにと覚えましょう!
のし袋折り方

兄弟、双子の場合はのし袋は別に用意するの?

兄弟姉妹で2人以上が一緒に七五三の場合は、初穂料ののし袋は別々でも連名でも構いません。

連名の際は、右から順に年齢が高い順番に記入します。
中袋の裏面の名前も連名で記入します。

ちなみに我が家は連名にしましたよ。

七五三の初穂料の渡し方

まず、参拝する神社についたら、祈祷の受付を社務所で行います。
社務所では一般的に申込み用紙を記入します。

申込み用紙と一緒に初穂料も渡しましょう。
ふくさからのし袋を取り出して、渡します。

七五三2018、日柄が良く人気の日はいつ?

七五三は11月15日に子供の健やかな成長をお願いする行事です。
11月15日はもともと混み合う日ですが平日だとご両親の仕事の都合や混雑状況もあり、10月11月の土日祝日の大安の日に参拝が集中します。

写真館などで着物をレンタルする場合は、着たい着物が日にちによっては早いものがちで着れないこともあります。
人気の神社の場合は、前もって予約が必要なところもあるので、日にちを決める事をおすすめします。

2018年のカレンダーを見て、人気になるだろう日にちを予測してみました。

七五三2018 人気の日にち予測
10月7日(日)大安
11月4日(日)大安
11月11日(日)先勝
11月15日(木)大安
11月17日(土)先勝

2018年は昨年に比べ、土日の大安、先勝の日が少ないです。
上に書いた日はどの日も混雑が予想されるので、早めに計画をたてましょう。

まとめ:七五三の基本的な初穂料のマナー、のしの書き方

  • 初穂料は一人あたり5,000円が相場
  • 兄弟一緒に七五三をする場合は人数×5,000円必要
  • のし袋は一緒でも別々でもOK。
  • のしの名前は子供の名前で。複数の場合は連名で(左から年上)

ぜひ、思い出に残る素敵な七五三となりますように~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です