大家族、まとめ洗い向け!大容量ドラム式洗濯機おすすめ3選【2018】 | はなまるくらし
【3ヶ月99円で音楽聴き放題】Amazon Music unlimited>>

大家族、まとめ洗い向け!大容量ドラム式洗濯機おすすめ3選【2018】

ドラム式洗濯機おすすめ2018

ドラム式洗濯乾燥機デビューしたいな。
と考えているあなたへ、大容量の方向けドラム式洗濯乾燥機のおすすめ機種3選を紹介します。

ドラム式洗濯機を選ぶ時に重要なのは、サイズと機能です。
はっきりというと、洗浄力はどこのメーカーも大差ないです。

では、何で選ぶのか?
各メーカーの特徴を紹介するので、自分にあったドラム式洗濯乾燥機を選んで下さいね。

ドラム式洗濯機を選ぶ時の重要なポイント!

ドラム式洗濯機を選ぶ時に注意すべきポイントは、
・サイズ、容量
・ヒートポンプ式乾燥であること!
です。

洗浄力は大差なし

各メーカーによって洗浄方法も多少違いますが、どのメーカーもよく出来ていて大差ありません。
・パナソニックの泡洗浄
・日立のナイアガラ洗浄
・東芝のウルトラファインバブル洗浄
・シャープのマイクロ高圧洗浄

正直、どれも凄いです。
ドラム式洗濯機は洗浄力がイマイチ。という不安はひと昔前までのこと。
今では、かなり洗浄力もあがっています。

育ち盛りのお子様がいる家庭や旦那様が外仕事の方など汚れがひどいものを洗濯する事が多い方は、
各メーカーからでている「温水機能搭載」のものを選ぶといいですよ。
温水で洗う事で落ちにくい汚れを落とす事ができますからね。

もちろん、ずっと温水を使うわけではなくて、「普通に洗濯」「温水で洗濯」と選べます。
毎回温水で洗うと電気代もかかってくるので、汚れものをまとめて、その時だけ「温水機能」を使うといいですね!

サイズ、容量を確認

ドラム式洗濯機を選ぶ時の重要ポイントはサイズです。
自宅に置けるスペースをしっかり測ってみましょう。
大家族だから大きいものがいい!と言っても、置けなければ意味がありません。

ドラム式洗濯機はタテ型洗濯機に比べると、前に出ています。
搬入経路からドアを開けた時の状態まで想像してみてくださいね。

また、注意しなくてはいけないのが、
ドラム式洗濯乾燥機は洗濯から乾燥までできるけど、洗濯と乾燥で対応できる容量が違うんです。
例えば、洗濯は11㎏だけど乾燥は6㎏までなどです。

一人当たり1日1.5Kgの洗濯物が出ると言われているので、
4人家族だと
1.5Kg×4人=6Kg だいたいすべてが1回で洗濯から乾燥までできます。

しかし、5人家族の場合、
1.5Kg×5人=7.5kgなので、洗濯は1回で終わるけど乾燥は容量オーバーなんです。

容量を超えて、乾燥させると、半乾きや衣類の傷みの原因になるので、注意が必要です。
この場合、「タオルは自分で干す」「オシャレ着だけは自分で干す」などと少し工夫してみましょう。

乾燥はヒートポンプ式乾燥がいい

ドラム式洗濯機を考えているのは、乾燥機能を使いたいからですよね?!
ドラム式洗濯乾燥機の乾燥方式には2通りあります。
・ヒーター式乾燥
・ヒートポンプ式乾燥

ヒーター式はアイロンで乾かすイメージ、
ヒートポンプ式は除湿器で乾かすイメージです。

現在の主流はヒートポンプ式。
電気代も安いし、衣類も傷まずに済むので、絶対にヒートポンプ式を選びましょう!!

 

大容量のドラム式洗濯乾燥機3選

では、以上の絶対確認すべき、注意点を踏まえた上で、おすすめのドラム式洗濯乾燥機をそれぞれの特徴を説明しながら3つ紹介します。

HITACHI ビッグドラム BD-NX120BL

洗濯容量/乾燥容量12㎏/6㎏
本体サイズ(幅×奥行×高さ)735×620×1060mm
目安時間(洗濯/洗濯~乾燥)33分/165分
使用水量(洗濯/洗濯~乾燥)85L/54L
消費電力量(洗濯/洗濯~乾燥)72Wh/970Wh
運転音(洗い/脱水/乾燥)34/37/48db

・温水機能あり
・チャイルドロックあり

・大容量がいい方におすすめ!
・乾燥時のシワが気になる方におすすめ!
・奥行が狭い

容量が国内最大の12Kg

日立の最大の魅力は12kgまで洗える大容量。ドラム式の中で国内最大です。
洗濯物は1人1日平均1.5Kgなので8人分まで洗えます。

大家族やまとめ洗いにもうれしい大きさですね!毛布など大物も洗えます
洗濯物を容量いっぱいまで詰め込んで洗うよりも、少し余裕のある容量で洗った方がきれいになりますよ。

風アイロンでシワが少ない

風アイロン

乾燥時のシワが気になる方は日立のビッグドラムがおすすめ。
乾燥時に高速の風をあてながらシワを伸ばす「風アイロン」機能でシワになりにくいです。

奥行が狭い

ドラム式洗濯機は基本奥行が広いのですが、これは奥行が62cmと他のメーカーに比べ10cmほど短いです。
その分横幅が広い作りになっています。
通路が狭く、生活導線、家事導線が気になっている方にはおすすめです。

パナソニック NA-VX8800L

洗濯容量/乾燥容量11㎏/6㎏
本体サイズ(幅×奥行×高さ)639×722×1058mm
目安時間(洗濯/洗濯~乾燥)32分/98分(省エネ165分)
使用水量(洗濯/洗濯~乾燥)78L/55L
消費電力量(洗濯/洗濯~乾燥)68Wh/930Wh(省エネ620Wh)
運転音(洗い/脱水/乾燥)32/41/46db

・温水機能あり
・チャイルドロックあり

液体洗剤、柔軟剤自動投入

NA-VX9800L

液体洗剤、柔軟剤を1本分すべて洗濯機のタンクに入れておく事ができます。
洗濯のたびに、自動で適量を投入してくれるので「洗剤の量を量って、入れる」という事をしなくてよくなるんです。
さらに洗剤の詰め替え用を買ってきて、洗剤のボトルに入れる時にボトルがベタベタになるなんて事もありません。

この機能を知った時は感動しましたよ!洗剤の量も調節できるので、安心ですね!

ドラム式 洗剤自動投入

洗剤が固まってこびりつくんじゃないの?という心配もありますが、ケースは簡単に取り外しが出来、洗い流すことも可能なので、心配なさそうです!

早い!スピード乾燥

パナソニックのドラム式は洗濯から乾燥までが約98分
他のメーカーのドラム式に比べてもめちゃくちゃ早いです。
早さを追求するならパナソニック一択です。

時間がある時は省エネモードで165分かけて、乾燥するなど使いわけるといいですね(^^♪

東芝 TW-117X6R

洗濯容量/乾燥容量11㎏/7㎏
本体サイズ(幅×奥行×高さ)645×750×1060mm
目安時間(洗濯/洗濯~乾燥)35分/200分(お急ぎ108分)
使用水量(洗濯/洗濯~乾燥)75L/61L
消費電力量(洗濯/洗濯~乾燥)70Wh/650Wh(お急ぎ1150Wh)
運転音(洗い/脱水/乾燥)32/38/42db

・温水機能あり
・チャイルドロックあり

デザインがおしゃれ

東芝のドラム式洗濯機はまず、デザインがおしゃれです。
このデザインで即決する人も多いんです。
タッチパネルもクリアガラスだから、傷つきにくく、掃除もしやすいです。

終了時刻をタイマー予約できる

東芝のTW-117X6Lは洗濯を終わらせたい時刻にセットする事ができます。
例えば、朝起きるタイミングでセットしたい時は
6時30分。など時刻で設定可能!

他のメーカーだと、○○時間後に終了という予約機能なので、セットする時間よって何時間後かかわるので、計算するのが面倒。

ちょっとした差なんですが、うれしい機能です(^^)

まとめ:大容量ドラム式洗濯機おすすめは?

今回挙げたパナソニック、日立、東芝のドラム式洗濯乾燥機は基本どれも素晴らしく、価格もほぼ同じくらいです。

・自動液体洗剤投入機能が欲しければ、パナソニック
・大容量でシワを少しでも少なく乾燥したければ、日立
・デザインがオシャレかつ総合的にいいのが、東芝

という感じです。

ぜひ、サイズ、容量をしっかり確認した上で、自分の好みに合わせたドラム式洗濯機を選んでくださいね!

私の生活費、節約術を紹介しています。参考にしてくださいね。
5人家族 生活費子供3人5人家族の生活費を大公開!詳しい内訳とやりくりのポイントとは

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です