5人家族に最適な冷蔵庫の大きさや選び方 | はなまるくらし

5人家族に最適な冷蔵庫の大きさや選び方

こんにちは~!子供3人5人家族のてんまるこです。

毎日の生活になくてはならない冷蔵庫ですが、
年々便利な機能がついて、進化しています。

高い買い物だけにやすやすと買い替えることはできませんが、
買い替えるとしたら失敗したくないですよね。

そのためにはどんな選び方がいいのか、
5人家族の我が家を例に挙げながら、冷蔵庫選びのポイントをまとめました。

5人家族に最適な冷蔵庫の大きさは?

冷蔵庫を選ぶときに最初に考えるのが、
容量をどのくらいにするかということになると思います。

冷蔵庫の必要容量が分かる計算方法として、
70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)
があります。

5人家族の場合、
70L×5人+100L+70L=520L

になるわけです。

ただ、ここで出てくる数字は必要最低限の数字になりますので、
お米、お水、調味料などを冷蔵庫で保存する人の場合は、
ここに100Lをプラスして余裕を持った量が
適応量と考えてもいいかもしれません。

なので、
5人家族におすすめの冷蔵庫の容量は
500L~650Lです。

同時に、電化製品は10年ほど利用することを
考える必要もありますので、
自分のこれからのライフサイクルも加味して
大きさを考える必要があります。

また、まとめ買いをして1週間分の食品をストックするスタイルの人、
適時必要なものを買って必要最低限しか冷蔵庫には入れない人など、
その人の生活スタイルに合わせて考えることも大切です。

容量が決まれば、冷蔵庫のサイズも決まってきますので、
・冷蔵庫を置く場所の大きさはどのくらいなのか、
・放熱スペースは確保できるのか、
・冷蔵庫を搬入する導線は確保されているのか

なども併せて考えてみましょう。

放熱スペースとして、
上面空き5㎝以上、側面空き0.5㎝以上が必要であり、
コンセントの位置も確認が必要です。

同じ容量でも、メーカーによってサイズが違ってくることもありますので、
事前によく調べ、買ってから置けなかったということがないようにしたいですね。

冷蔵庫選びのポイントはココ!

① 各部屋の場所と容量

冷蔵庫は、主に冷蔵室、冷凍室、野菜室に分かれており、
設置されている場所もそれぞれの大きさも、冷蔵庫によって違います。

冷凍保存するものが多い人は、
冷凍室が大きく、見えやすい位置にあるもの、
野菜を沢山保存したい人は、
野菜室が大きく、取り出しやすい位置にあるものなど、
使う人によって各部屋の適した場所と容量が違いますので、
自分は何が望みかを整理しておくことが必要です。

② ドアが開く方向の選び方

冷蔵庫のドアは、右開き、左開き、観音開き、両開きがあります。
冷蔵庫の前が狭い場合は観音開きが場所を取りにくく、
右側に壁がくる場合は右開きの方が扉が邪魔になりにくいなど、
冷蔵庫を置く場所の周辺にあるものや導線を考え、
どの方向に開くものがいいのか考えてみましょう。

③ 年間消費電量はどのくらいか

冷蔵庫は365日24時間電力を使用していますので、
できるだけ消費電力の少ないものを選び、省エネを目指したいものです。

容量が小さいものの方が使用する電力が小さいと思いがちですが、
近年の技術の進歩と冷やし方の違いから、
大きな冷蔵庫の方が消費電量が少ないこともよくあります。
そのため、冷蔵庫の年間消費電量を確認し、
その消費電量に22円をかけたものが年間の電気代になりますので、
実際に計算してみて考えるのもいいと思います。

④ どのような機能がほしいのか

近年の冷蔵庫は、メーカーによって付いている機能が異なります。
うるおい保存ができる野菜室や、微冷凍保存できるもの、
マイナスイオン機能が付いているものなど様々な機能があります。
自分の生活スタイルを考えて、
何が必要なのかも加味して選ぶとよいでしょう。

まとめ

私は、賃貸に住んでいて冷蔵庫を置く場所がかなり狭かったため、
必要容量を満たす冷蔵庫の中から、
置く場所の大きさに合うサイズと使い勝手の良い左開きの冷蔵庫を買いました。

本当は冷凍庫がもっと大きいものが良かったのですが、
その希望を叶えると、置く場所に合うサイズのものがなかったので、
それは我慢することにしました。
私の場合、今思うと、冷凍庫の大きさはかなり重要です。

すべての希望を叶える冷蔵庫を
見つけるのは難しいと思いますので、
何を優先するのか、優先順位をつけておくと
選びやすくなると思います。

自分の理想を満たしつつ、
生活が便利になるような冷蔵庫に巡り合うといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です