5人家族におすすめな冷蔵庫の大きさ容量や選び方を徹底紹介【2018年版】 | はなまるくらし

5人家族におすすめな冷蔵庫の大きさ容量や選び方を徹底紹介【2018年版】

5人家族の冷蔵庫選び

子供3人5人家族のてんまるこです。

毎日の生活になくてはならない冷蔵庫ですが、年々便利な機能がついて、進化しています。
今の冷蔵庫は食材を長持ちさせる工夫が各メーカーでなされていますよね。
食材が長持ちして、腐らせてしまう事を減らせれば、節約にもつながるわけです。

冷蔵庫は高い買い物だけに買う時に慎重になる気持ちとってもよくわかります。
どれくらいの大きさがいいのかどんな選び方がいいのか、
5人家族の我が家を例に挙げながら、冷蔵庫選びのポイントをまとめました。

5人家族の冷蔵庫の大きさは大きいものがおすすめ

冷蔵庫を選ぶときに最初に考えるのが、容量・大きさをどのくらいにするかということになると思います。

冷蔵庫の必要容量が分かる計算方法として、

冷蔵庫の容量の目安
70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)

5人家族の場合、
70L×5人+100L+70L=520Lになるわけです。

ただ、ここで出てくる数字は必要最低限の数字になりますので、お米、お水、調味料などを冷蔵庫で保存する人の場合は、
ここに100Lをプラスして余裕を持った量が適応量と考えてもいいかもしれません。

なので、5人家族におすすめの冷蔵庫の容量は、500L~650Lです。

簡単に言ってしまうと、5人家族の場合、容量は大きいに越した事はありません。
自分の家の搬入経路と設置場所のサイズをしっかり測って、大きいものを買いましょう!

5人家族の冷蔵庫に大きい容量をおすすめする理由

簡単に自分の家に入る目いっぱい大きいサイズを買いましょうといいましたが、これには理由があります。

大きいサイズの方が省エネ

実は、冷蔵庫は小さいサイズのものよりも500Lサイズのものの方が省エネなんです。

350L 430L 555L
年間消費電力量(kwh/年) 375(kwh/年) 287(kwh/年) 270(kwh/年)
年間目安電気料金(円) 9,450円 7,750円 7,290円

参照:経済産業省 省エネ製品カタログ2017

冷蔵庫は1日中ましてや1年10年と、コンセントを差したまま使用しますよね?
ずっと使いっぱなしだからこそ、電気代の安い省エネモデルを選ぶべき。
家で一番電気代がかかっているのは冷蔵庫なんですよ。←ここは節約するべき所です。

冷蔵庫の平均使用年数は約10年

冷蔵庫は長く使える電化製品です。電気屋さんに伺ってみると、平均約10年と考えるのが良いそう。
もちろん家電なので、当たり外れが多少ありようですが・・。

仮に10年冷蔵庫を使うとすると、必然的に生活スタイルや家族構成も変わってきます。

例えば、
・出産で家族が増えた
・親と同居を始めた
・共働きになった
・中には子供の独立など

様々な事が考えられます。

ある程度、想定する事も大切ですが、想定外の事が起こるのが人生。

冷蔵庫は大は小を兼ねる

という考えで、大きいサイズを選びましょう。
もちろん、様々な理由で引越しして、今の冷蔵庫が入らなくなった・・という場合は買い替える必要がでてきますが・・

大きい冷蔵庫は最初に買う費用は多少高くなりますが、10年使い、電気代も安くなる事を考えれば、割安なんじゃないかなと思います。

冷蔵庫を選ぶ時にチェックするポイント

① 各部屋の場所と容量

冷蔵庫は、主に冷蔵室、冷凍室、野菜室に分かれていて、
設置されている場所もそれぞれの大きさも、冷蔵庫によって違いますよね。

まとめ買いをするなど冷凍保存するものが多い人は、冷凍室が大きく、見えやすい位置にあるものがいいですよね。
野菜を長持ちさせたいと縦置きで保存したい人は、野菜室が大きく、取り出しやすい位置にあるもの、真ん中野菜室が人気ですね。

使う人によって重要視したい部屋の場所と容量が違うので、自分最優先ポイントは何かを整理しておくことが必要です。

② ドアが開く方向の選び方

冷蔵庫のドアは、右開き、左開き、観音開きがあります。

右側に壁がくる場合は右開きの方が扉が邪魔になりにくいなど、
冷蔵庫を置く場所の周辺にあるものや導線を考え、どの方向に開くものがいいのか考えてみましょう。

観音開き(フレンチドア)

冷蔵庫の前の通り道が狭い場合は場所を取りにくい観音開きおすすめ。
しかし、片方の扉を開けるだけでは食材を取り出しにくいので、結局両方の扉を開けないといけないという面もあります。

③ 年間消費電量はどのくらいか

冷蔵庫は365日24時間電力を使用しているので、
できるだけ消費電力の少ないものを選び、省エネを目指したいところです。

先ほども書いたように、
容量が小さいものの方が使用する電力が小さいと思いがちですが、近年の技術の進歩と冷やし方の違いから、大きな冷蔵庫の方が消費電量が少ない事が多いです。

中でも、省エネ№1は日立です。
555L前後の各メーカーの主力の冷蔵庫で消費電力量を比較すると、日立が一番という結果になりました。

シャープ(プラズマクラスター 551L) 296Kwh
東芝(ベジータ 551L) 294
パナソニック(551L) 296
日立(真空チルド 555L) 270
三菱(600L) 295

④ どのような機能がほしいのか

メーカーによって付いている機能が異なります。
うるおい保存ができる野菜室や、微冷凍保存できるもの、マイナスイオン機能が付いているものなど様々な機能があります。
自分の生活スタイルを考えて、何が必要なのかも加味して選ぶとよいでしょう。

サイズ、搬入経路の確認

どの冷蔵庫がいいか決まるとサイズも決まってきますので、最後はしっかり確認しましょう。

・冷蔵庫を置く場所の大きさはどのくらいなのか、
・放熱スペースは確保できるのか、
・冷蔵庫を搬入する導線は確保されているのか

なども併せて考えてみましょう。

放熱スペースとして、上面空き5㎝以上、側面空き0.5㎝以上が必要であり、コンセントの位置も確認が必要です。

 

まとめ:5人家族におすすめの冷蔵庫は550L以上の大容量

私は、賃貸に住んでいて冷蔵庫を置く場所がかなり狭かったため、
必要容量を満たす冷蔵庫の中から、置く場所の大きさに合うサイズと使い勝手の良い左開きの冷蔵庫を買いました。

正直電気代は高いし、家族が増える、子供が大きくなるにつれ、大きい容量の冷蔵庫の必要性を感じました。
むしろはじめから大きい冷蔵庫のおける賃貸を探すべきでしたね。

5人家族におすすめの冷蔵庫は、550L以上のもの

すべてのバランスが取れていて、今一番おすすめな冷蔵庫は日立の真空チルドです

  • 【冷蔵】真空チルドで鮮度長持ち
  • 【冷蔵】棚の高さを変える事ができる
  • 【冷凍】3段収納で収納力+取りやすい
  • 【冷凍】急速冷凍で鮮度を保つ
5人家族の洗濯機選び洗濯機は何キロを使ってる?5人家族の方におすすめな容量や選び方はコレだ! 5人家族の炊飯器選び5人家族の炊飯器選び。おすすめの大きさや後悔しない選び方とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です