子育て主婦はリクルートカードを使うべき!おすすめする理由と評判を紹介 | はなまるくらし
初期費用0円で電気代が安くなる!今なら2,000ポイントもらえる!

子育て主婦はリクルートカードを使うべき!おすすめする理由と評判を紹介

リクルートカード

こんにちは。子育て主婦のてんまるこです。

リクルートカード

数あるクレジットカードの中からあなたはどのクレジットカードを使っていますか?
私のメインカードはリクルートカードです。

私がクレジットカードを選ぶ時、重要視するポイントは、

カード選びのポイント
・還元率が高いこと(ポイントが貯まる)
・貯まったポイントが使いやすいこと

リクルートカードは、年会費無料で高還元率の1.2%。
貯まったポイントは、じゃらんなどの旅行や、ホットペッパービューティー、ポンパレモールなどに使えます。
リクルートポイントはPontaポイントにも即時交換できるので、ローソン、ケンタッキー、ゲオなど幅広い店舗利用可能。

普段から利用しているお店で貯まったポイントが使えるのは、節約にもなるし、主婦にとったらとても魅力的ですよね。

今回は、主婦の私がイチオシするリクルートカードの魅力について詳しく語りたいと思います。

リクルートカードの特徴

 

入会金・年会費無料
還元率1.2%
国際ブランドVISA、JCB、Mastercard
ETCカードVISAのみ発行手数料 1,000円
JCB、Mastercardは発行無料
家族カード発行手数料 無料
ポイントリクルートポイント=Pontaポイント
電子マネーチャージもポイント対象
旅行傷害保険(利用付帯)海外旅行 最高2000万まで
国内旅行 最高1000万まで
ショッピング保険年間200万
入会特典最大6000円分のポイント

現在の入会特典は公式サイトから確認してくださいね。

 リクルートカード>> 

リクルートカードは年会費無料で還元率が1.2%

クレジットカードを利用する最大のメリットは還元率ですよね。
リクルートカードは入会金無料。年会費無料。その上、還元率が1.2%。

例えば、リクルートカードを年間100万円利用した場合。12,000円分のポイントがもらえます。
これが還元率0.5%のカードを100万円利用した場合だと5,000円分のポイント。
かなりの差がでますよ(^^♪

ETCカードもJCB、Mastercardは発行無料

リクルートカードはETCカードも発行できます。
還元率は変わらず1.2%。年会費も無料です。

VISAは発行手数料が1,000円かかりますが、JCB,Mastercardは発行無料ですよ。

家族カードも発行無料

リクルートカードは家族カードも発行できます。

家族カードのメリットは、

・まとめて請求、引き落としされる。

・ポイントが合算で貯まる。

例えば、本会員の夫が月1万円利用、家族会員の妻が月2万円利用した場合。本会員の夫へ月3万円の請求がいきます。

生命保険などは契約者名義のクレジットカードしか登録できませんが、
家族カードを作っておくと、色々な場面でクレジットカード払いが出来、ポイントがどんどん貯まりますね!

リクルートカードでは、本会員1枚につき、JCB8枚、VISA/Mastercardは19枚まで作成可能です。

リクルートポイントの使い道

Pontaポイント

リクルートカードを使うと貯まるポイントはリクルートポイントです。
リクルートポイントの使える場面というと、主に以下のようなサイトで利用できます。

・じゃらん(旅行)

・ホットペッパーグルメ(食事)

・ホットペッパービューティー(美容院)

・ポンパレモール(ショッピングサイト)

上のサイトを見て、
あまりネットを利用しないから、使わなさそう・・。と嘆くにはまだ早いですよ。

リクルートポイントはPontaポイントに交換可能

実はリクルートポイントはPontaポイントに相互交換できるんです。
Pontaポイントは街中で利用できるお店がたくさんあるので、日常生活で使いやすいのがうれしいです。

Pontaポイントが使えるお店は、

・ローソン

・ケンタッキー

・ゲオ

・ロッテリア

・ピザハット

・大戸屋

その他多数。>>Pontaポイントを使えるサービス、お店を見る

私のPontaポイントのおすすめの利用法は、ローソンのお試し引換券に利用する事です。
ローソンのお試し引換券はお菓子やジュースが少ないポイントで交換できます。
通常1ポイント=1円のポイントがお試し引換券に使うと2倍、3倍の価値になりますよ。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。 お試し引換券おやつ、ジュース代の節約になる!ローソンお試し引換券の使い方を徹底解説

期間限定ポイントがよくもらえる

リクルートポイントは対象サービスが限定された期間限定ポイントがよくもらえるんです。
これは、私の現在もらっている期間限定ポイント。たくさんありますよね。

ただリクルートカードを持っているだけで、ちょこちょこポイントがもらえるってすごくないですか?

例えば、
ホットペッパーグルメの1000ポイントで、お食事券を購入すると、外食が1,000円引きになりますよ。
美容室もホットペッパーから予約して、ポイントを使えば、1000円引きになります。

Ponta期間限定ポイント

リクルートカードは電子マネーにチャージする時、ポイントが貯まる

リクルートカードは楽天Edyやモバイルsuicaやnanacoなどの電子マネーにクレジットチャージした時にもポイントが貯まる数少ないカードです。
しかも、クレジットカードチャージでも1.2%ポイントが貯まるのはリクルートカードだけ!(他は0.5%ばかり)

毎月16日~翌月15日の1ヶ月間で30,000円までがポイント加算対象です。
毎月30,000円×1.2%=360円分のポイントが貯まります。年間だと最大4,320円分ですね。

楽天Edyは使える店舗も多いので、コンビニなどちょっとの金額だとクレジットカード払いするのが恥ずかしいという場合でも、
間接的にクレジットカード払いした事になるというのはうれしいポイント!

ここで、注意点が一つだけあります。国際ブランドによって、ポイント加算対象となる電子マネーが違うんです。
楽天EdyはJCBだとポイント加算対象外なので、楽天Edyをよく利用する場合は、MastercardかVisaでリクルートカードを作りましょうね。

注意
JCB・・・ nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
Mastercard(R) / Visa・・・ nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

nanacoはセブンイレブンで自動車税や公共料金などの税金が払う時にも使えるので、税金などの支払いでも間接的クレジットカード払いができるということです。
詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

自動車税通知書自動車税などの税金をコンビニでカード払いする方法。nanacoクレジットチャージのやり方

 

リクルートカードは付帯する保険も充実

リクルートカードは年会費が無料なのに、保険内容も充実しています。
保険がしっかりしているのは、意外と重要。いざという時、安心ですよね。

ショッピング保険

リクルートカードで購入した品物の破損・盗難などの損害を保障するショッピング保険。購入日より90日間保障してくれます。

保証額・・・年間200万円まで

旅行損害保険

旅行中の事故や病気、ケガの治療、携行品の破損などの損害を幅広く補償してくれます。
ただし、利用付帯なので、リクルートカードで支払った旅行に関してのみの補償です。

海外旅行・・最高2000万円まで
国内旅行・・最高1000万円まで

 

まとめ:リクルートカードで節約、お得に暮らそう

日々の暮らしで少しでも節約したいなら、リクルートカードがおすすめです。
特に子育て世代の方などは、お菓子やジュース、アイスなどの嗜好品がバカにならないですよね。
そんな方こそ、リクルートカードで節約しましょう!

リクルートカードの魅力をまとめると、

  • 年会費無料で高還元の1.2%
  • ポイントの使い道も充実。(ローソンのお試し引換券がおすすめ)
  • 期間限定ポイントがたくさんもらえる
  • 電子マネーチャージでポイントがもらえる
  • 保険内容もしっかりしている

リクルートカードは入会キャンペーンをよくやっているので、ぜひ一度見てみてくださいね。

 リクルートカード>> 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です