【画像で解説】楽天証券のポイント投資のやり方|口座開設から投資信託購入まで | 5人家族のはなまるマネー

【画像で解説】楽天証券のポイント投資のやり方|口座開設から投資信託購入まで

楽天証券でポイント投資のやり方

楽天証券のポイント投資をやってみたいんだ・・

るー

てんまるこ

わかりやすく解説していくね

楽天証券のポイント投資をするとたくさんのメリットがあります。

  • 気軽に投資に挑戦できる(100円からOK)
  • 楽天市場でもらえるポイントの倍率が上がる
  • ポイントを現金化することができる

はじめて証券口座を開く方、初めて投資信託を購入する方にもわかりやすいように、
楽天証券の口座開設からポイント投資を購入するまでの手順を画像付きで解説します。

これを見ながら進めれば、投資初心者の方でも、スムーズに購入出来ますよ。では、早速やっていきましょう。

\楽天ポイントで投資信託デビュー/

楽天証券の口座開設の流れ・手順

まず、楽天証券でポイント投資をするには、楽天証券の口座を開設する必要があります。

てんまるこ

スマホからでもOK!5分~10分程度でできちゃうよ。

ここでは、スマホから楽天証券の口座を解説する手順を画像付きで紹介します。もちろんPCからでもOK。流れは同じです。

すでに口座をもっている方は、「楽天証券のポイント投資のやり方・手順」へ進んでくださいね。

0.口座開設の必要書類を準備

アップロードできる本人確認書類を手元に準備しておきましょう。

利用可能な本人確認書類
  • 運転免許証(表・裏)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証(表・裏)
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート(日本)
  • 在留カード/特別永住証明書(表・裏)
  • 個人番号(マイナンバー)カード

1.楽天証券の口座開設ページへアクセス

まず、楽天証券の口座開設ページへアクセスします。

「楽天会員の方」「楽天会員ではない方」のどちらかを選んでください。

2.基本情報を入力

名前、住所、生年月日といった基本情報を入力します。
「楽天会員の方」は情報が引き継がれ、入力を省く事ができます。

3.納税方法の選択

特定口座を開設するか、しないかを選択します。

MEMO
特定口座とは、証券会社が投資家の代わりに売却益にかかる税金を納めてくれる確定申告しなくてもいい口座です。
投資初心者の方は「特定口座」を選びましょう。

4.各種サービスの申込み

楽天証券の口座を開設する時に同時に色々な口座を申し込む事ができます。

同時に開設できるサービス
  • NISA口座
  • 楽天銀行口座
  • iDeCo
  • 楽天FX口座
  • 信用取引口座

すべての口座を開く必要はありません。よくわからない場合は後からでも申し込むことができます。
ポイント投資だけをする予定の場合はいずれの口座もなくてOKです。

 

しかし、楽天銀行の口座を持っていない方は楽天証券口座と同時に開設するのがおすすめです。

楽天証券と楽天銀行を連携させる「マネーブリッジ」というサービスを設定すれば、預金金利が0.02→0.1%になります。
また、今だけもれなく1,000円プレゼントキャンペーンをやっているので、おすすめです。

 

 

5.入力・申し込み内容の確認

基本情報や申込み内容に間違いがないか確認しましょう。
OKであれば、「内容を確定する」をタップします。

次に、「重要書類への同意」です。
「規定等を確認する」をタップして、内容を確認すると、「閲覧済」になります。

閲覧済になったところで、「上記の規定等に同意のうえ、口座開設を申し込みます」にチェック。
「同意して、次へ」をタップします。

6.本人確認書類のアップロード

最後に事前に用意しておいた本人確認書類をアップロードすれば、申込み完了です。

7.ログイン情報のお知らせが届き次第、マイナンバーを登録

申込みをしてから、約3日ほどで登録した住所へ「ログイン情報のお知らせ」が届きます。

ログイン情報のお知らせが届いたら、マイナンバーを登録すれば、取引が開始できます。(通知カードでもOKです)

 

 

楽天証券のポイント投資のやり方・手順

楽天ポイントで投資信託

パソコンを持っていない方でもできるようにスマホから楽天ポイント投資を行うやり方を紹介します。
パソコンからでも流れは一緒です。

STEP1.ログイン

楽天証券の口座が開けたら、まずログインします。

▼一番上のログインをタップ

 

▼ログインID、パスワードを入力後、ログインをタップ

 

STEP2.楽天スーパーポイントコースに変更する

次に楽天スーパーポイントを利用して投資信託が買えるように設定します。
口座開設後は「楽天証券ポイントコース」に設定されているので、「楽天スーパーポイントコース」へ変更する必要があります。
一度設定すればOK。ポイント投資をするたびに、設定変更する必要はありません。

▼トップ>ポイント投資を選択

 

▼下の方へスクロールして、「楽天スーパーポイントコースに変更する」をタップ

楽天証券口座で楽天スーパーポイントが使えるように紐づけします。
▼楽天会員ID入力し、ログイン後、「同意する」をタップ

 

▼取引暗証番号を入力し、「設定する」をタップ

 

▼これで、楽天スーパーポイントで投資信託が買えるようになりました。

 

STEP3.投資するファンドを選ぶ

いよいよ投資信託を購入していきます。
▼トップページに戻って、「ポイント投資」を選択

 

▼購入する投資信託を選びます。

投資信託を選ぶ時のポイント
  • ノーロード(=販売手数料がかからない投資信託)
  • 買付手数料なし
  • ファンドの管理費用が低い

ものを選びましょう。
少額投資なのに、手数料や管理費用まで多く取られてしまっては、利益がほとんどない・・なんてこともあり得ます。

「楽天・全米株式・インデックス・ファンド」「eMAXISSlim先進国株式インデックス」などは管理費用が安いです。

てんまるこ

私はランキング上位で管理費用の安いものを選んでいるよ

 

STEP4.ポイントで購入する

今回はランキング1位の「楽天・全米株式・インデックス・ファンド」を購入することにします。

▼購入する投資信託をタップ

 

▼「買い注文」をタップ

 

▼目論見書に目を通し、「確認」をタップ

目論見書とは、購入する投資信託の運用方針が書いてある書類です。

 

▼購入したい金額を入力します。
楽天証券の投資信託は100円から購入できます。
楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)の倍率を上げたい方は「楽天証券で月1回500円以上のポイント投資すると+1倍」が条件なので、500円以上がおすすめです。

今回は500円分購入しますね。

 

▼「ポイント利用」をタップ

 

▼利用するポイント数を入力

今回は500ポイント全額ポイント払いにします。

SPUの倍率アップは1ポイント以上ポイントを利用すればOK!
例えば、1回499円と1ポイント利用で500円分のポイント投資をした場合もSPUの倍率アップの対象です。

 

▼購入する金額、利用するポイント数を確認し、「確認画面へ」をタップ

 

▼注文内容の最終確認をします。
口座区分、分配金コースがこれでいいか確認してください。

私は、

  • 口座区分・・・特定
  • 分配金コース・・・再投資型

にしています。

MEMO
特定口座とは、証券会社が投資家の代わりに売却益にかかる税金を納めてくれる確定申告しなくてもいい口座です。
投資初心者の方は「特定口座」を選びましょう。
MEMO
分配金コースとは、分配金を現金で受け取るか再投資に回すか選べます。
基本的には、「再投資型」を選ぶのがおすすめです。分配金はわずかですが、再投資に回した方が投資元本が増えていくので、複利効果で長期的見るとリターンが増える可能性があります。

 

▼取引暗証番号を入力後、「☑」をタップ

 

▼注文完了

これで、ポイント投資完了です。
「保有資産」を見れば、現在の評価額がわかりますよ。

楽天ポイント投資の注意点

期間限定ポイントは使えない

楽天ポイント投資に使えるのは、

  • 楽天スーパーポイント(通常ポイント)
  • 楽天証券ポイント

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントは使えません。

ジュニアNISA口座はポイント投資できない

特定口座・一般口座・NISA口座・つみたてNISA口座でポイント投資が可能ですが、
ジュニアNISA口座では、ポイント投資はできません。

楽天スーパーポイントの利用可能上限がある

■ダイヤモンド会員以外の方
通常注文の場合:30,000ポイント/1注文

■ダイヤモンド会員の方
通常注文の場合:500,000ポイント/1注文

まとめ|楽天証券で投資信託を買うポイント投資のやり方

以上、楽天ポイント投資のやり方でした。

画像付きで解説したので長くなりましたが、実際に購入するのにかかる時間は3分ほどでできるし、想像以上に簡単です。

ぜひ楽天で買い物する月は、月500円以上のポイント投資で+1倍になるので、挑戦してみてくださいね。

\楽天ポイントで投資信託デビュー/

 

私は、日々の暮らしの中で、

楽天カードで買い物をして、ポイントを貯める

・使う予定のないポイントを投資に回す

という方法をとっています。

\年間費無料・還元率1%/



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です