カレーを食べると眠くなるのはなぜ?何か原因があるの? | はなまるくらし

カレーを食べると眠くなるのはなぜ?何か原因があるの?

こんにちは~!てんまるこです。

いつの時代も、大人子供問わず愛され続けているカレー。
そのレシピは世界各国に数え切れないほど存在しており、
使われるスパイスはもちろん、具材までもが地域や国によって異なる驚きの料理です。

そのカレーに対し、
最近よく聞く話が【カレーを食べると眠くなる】というものです。

私はその意味が分からず、すぐには信じる事が出来ませんでした。
私は今までの人生の中で一度も、そのような事を感じた記憶が無かったからです。

 

この話、ホントかウソか、原因はなんなのか…。
私は、カレーに秘められた大いなる謎を調査してみました!

 

 

カレーと眠気との関係性は?“辛い”が引き起こす身体の変化

一番よく言われている仮説は、
【辛みが体温を上げ、身体がそれを下げようとする。
その結果、体温が急激に下がり眠気を感じる】

という話でしょうか。
これについては医学的な要素が入った仮説なので、他の仮説よりも若干信憑性が高いと思います。

人の身体は体温が下がると生命活動を維持させる為、その他の体内の活動を少しずつ抑えていきます。

ちょうど食べ終わる頃には、身体の変化が【眠気】に姿を変え始めており、
数十分後には本格的な眠気との戦いを強いられる訳です。

 

ただ、それが本当ならばカレーを食す全ての人が、
その眠気を感じていなければならない事になります。
ですが、
私を含めカレーを食べても眠気を感じない人も確かに存在しています
本当の原因は、別にあるのかも知れません…。

 

 

人によって異なるカレーによる眠気…その原因、ホントにあるの!?

上記のように、カレーの辛さは体温を操り、人によっては厄介な眠気を引き起こす事もある訳ですが、
これから挙げる【眠くなる理由になりそうな仮説】も同様、あくまで

〈なりそう〉

〈人によってはなるかも知れない〉

であり、大勢の人を納得させられるだけの確証はありません。

 

なにしろこのカレーを食べると眠くなる現象は、
共感出来る人と出来ない人が完全に二分されてしまうので、
現時点でも専門的な見解を含め、確実な情報がありません。

信憑性が高いものもありますが、
どれも今一つ決め手に欠けるというのが現状なのです。

 

 

原因はカレー自体か、スパイスか…混迷を極める原因追究!!

ここでもう2つ、原因と思われる物についての、有力な情報をお伝えしておきます。

以下の仮説のうち、
炭水化物に関しての仮説は前項の【辛みと体温】についての仮説と同様、医学的要素を絡めたものなので、信憑性は高めです。

 

炭水化物による血糖値の上下が脳の活動を鈍らせ眠くなる

カレーは炭水化物(糖質)が大変多く含まれている為、食べると急激に血糖値が上がります。身体はそれを、体温の時と同じように下げようとします。
すると、それに伴い脳の活動が低下し始めます。
ぼーっとする様な感覚が、眠気に置き換えられている可能性がありますね。

 

スパイスの配合バランスにより眠くなる

リラックス効果や消化を促進する効果が強くなる場合は
眠気が襲ってくる場合もあるらしい

カレーには、
その店や家ごとに異なるスパイスや隠し味が絶妙なバランスで配合されています。

その中には、眠気を助長するような効果を持つものも存在します。
それらの作用から【眠くなってきた】と感じてしまうのかも知れません。

 

とはいえ、2つめの【スパイスや隠し味の効果】という可能性は、
私個人的には低いように思います。

最近はカレーにチョコレートやコーヒーなどを隠し味として入れる事もある為、
そこで眠気を覚ますカフェインなどが加えられる可能性があるからです。

 

マツコの知らない世界で紹介されたカレーはこちら
新規会員登録で300ポイントもらえます▶▶新宿中村屋オンラインショップ

まとめ

私が導きだした、現在考えられるのカレーを食べると眠くなるとされる原因の
最有力な仮説は、結局のところ
【懐かしい味で食欲が満たされた事による幸福感】
ではないかという事です。

恐らく、多くの人が一番素直に納得できる可能性がこれだと思います。
美味しいものを沢山食べたら、眠くなるのは当たり前。

それは、もっともらしい理由も理論も関係ない本能的な現象です。
私としては陰ながら、これも原因のひとつであるとして候補に挙げていきたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です