上白糖とグラニュー糖、三温糖、きび砂糖にてんさい糖。特徴と使い分け | はなまるくらし

上白糖とグラニュー糖、三温糖、きび砂糖にてんさい糖。特徴と使い分け

こんにちは~!てんまるこです。

砂糖はどんな食べ物とも相性がいい反面、種類が多くその違いが分かりづらいですよね。
普段どの砂糖を使っていますか?

「全部甘いんだし、違いなんてそんなにないんじゃない?」

そう思っているあなた。

それは間違いです!

砂糖は、その成分も使いどころもそれぞれ少しずつ異なります。
それぞれの砂糖に向いているメニューが分かってくると、
今までの飲み物や料理が、少し表情を変えてくれる事でしょう。

今回は、砂糖の種類とその違いを比較しつつ、
おすすめの使用方法をご紹介したいと思います!

 

 

上白糖とグラニュー糖って何が違うの?使い分けはどうすればいい?

上白糖もグラニュー糖も、雪のように真っ白。
その違いは、見た目ではほとんど判断出来ません。
強いて言えば、上白糖の方が少し粒が小さい事くらいです。
ですが、成分についてははっきりとした違いがあるんです。

上白糖の特徴

普段、「砂糖」「白砂糖」と呼ばれているものがこの上白糖に当たります。
上白糖には転化糖と呼ばれる混合物がまぶされています。
この転化糖という物質は、科学反応を用いて作られた“人口の糖”であり、
上白糖はこの転化糖の作用を借りて、他の糖より強い甘みを手に入れています。

何にでも合うお砂糖です。
また、転化糖に吸湿性がある為、上白糖は密閉容器の中でも少ししっとりしているのが特徴です。

上白糖は体に悪い?原料や危険性を調べてみた!

 

グラニュー糖の特徴

対するグラニュー糖には
転化糖は入っておらず、サラサラとしていて味もあっさりしています。

コーヒーや紅茶などに入れると、飲み物本来の味や香りを引き立ててくれます。
グラニュー糖を細かくしたのが粉砂糖で、お菓子作りにもよく使用されます。
また、グラニュー糖を四角く固めたものが角砂糖です。

三温糖ときび砂糖、その違いと相性のいいメニューは?

次の比較はふたつとも茶色い、三温糖ときび砂糖。
こちらも見た目にそれほど大きな違いはありません。

“どっちも茶色い”

だけです、…が。
この二つは完成するまでの工程が全く違います。

 

三温糖の特徴

まず、三温糖は、
上白糖やグラニュー糖を精製した後に残った糖液を更に煮詰める事で出来る糖です。

こういった言い方をすると、
(三温糖は、残り物を使っているのか)
なんて思うかも知れませんが…

決して味が悪い訳ではないんです!

上白糖と大きな違いが無いほどに甘さが引き立っていますし、
煮詰めた時に得られる独特の風味も魅力的なんです!

これは私の個人的な感覚ですが、三温糖は他の糖に比べるとお値段もお手頃な気がします。
庶民派の三温糖は、【コクを出したい煮物などの煮込み料理】におすすめです。

まろやかさと深いコクが煮込むほどに素材にしみこんでいきます。

 

きび砂糖の特徴

締めくくりはきび砂糖。
名前の通り、サトウキビから絞った糖液をそのまま煮詰めて作られます。

別の何かとくっつく事もなく、人工的な加工もされない為
サトウキビが持つミネラルなどを大切に持ったまま出来上がった糖です。

他の糖よりも栄養価が高く、消化吸収も良いのが特徴です。

味は、しつこくなく優しい甘みで
【マフィンやクッキー、スコーンなどの焼き菓子】での使用がおすすめです。

ほんのりとした甘さに心もお腹もほっこりしますよ。

 

サトウキビが原料ではないてんさい糖の魅力

さまざまな種類の砂糖を紹介してきましたが、
上記の砂糖は製法は違えど原料はすべてサトウキビです。
砂糖の原料=サトウキビですよね。

しかし、サトウキビが原料ではない砂糖があるのをご存じでしょうか?
それは、「甜菜糖(てんさい糖)」です。
てんさい糖の原料はてんさいと呼ばれる大根のような形の野菜です。

てんさいにはミネラルやオリゴ糖が豊富に含まれているので、
普段のお料理にてんさい糖を使えば、自然と栄養も豊富に取れます。
オリゴ糖は腸内環境を整えてくれる働きをします。
味は、まろやかですっきりした甘味のため、どんな料理にも良く合いますよ。

私はてんさい糖を愛用しています。

まとめ:砂糖をうまく使いわけよう。

一言に砂糖と言っても、こんなにも細かい違いがあります。
それと同時にその使い方も多岐に渡ります。

同じ物を違う種類の砂糖を使って作ってみるといつもと違った楽しみ方が出来ます。
コーヒーや紅茶と、クッキーなどの焼き菓子がおすすめです。

2種類の糖が出す味や風味の違いを比べながら楽しむと、
ひとりの時間でも、誰かと過ごす時間でも面白い話のネタになります。
メニューによっては、糖の違いが分かりにくい事もありますのでご注意を。
でも、違いが分からなくても大丈夫。それもまたいい笑い話になりますよ。

ぜひ、自分の好みやお料理に合わせて、使い分けてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です