一目瞭然!重曹、クエン酸、セスキの使い分け。特徴と適した使い方を説明します | はなまるくらし

一目瞭然!重曹、クエン酸、セスキの使い分け。特徴と適した使い方を説明します

こんにちは~。てんまるこです!

最近、ナチュラル系洗剤が話題になっていますよね。
その中でも重曹クエン酸セスキ炭酸ソーダの名前を良く聞きます。
並んで売っていることも多く、目にすることも増えてきました。

これらをうまく活用すれば、
日常生活での家庭での汚れはだいたいきれいになるんです。

またナチュラル系の洗剤は、
安く手に入れることができますし、
天然素材のものですので、体への害もありません。

私も市販の洗剤を使っているときは、
子どもにも害がないようにと洗剤が残らないように
洗い流すことに必死でしたが、天然素材であるという安心感があることで、
掃除が気楽にできるようになりました。

重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダって何が違うの?
それぞれどんな時に使ったらいいの?

をわかりやすく説明しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

重曹の特徴と適した活用方法

重曹は弱アルカリ性で研磨力が強いのが特徴です。

重曹は弱アルカリ性なので、
酸性の汚れである油や皮脂の汚れや茶渋をきれいに落としてくれます。

【ガスレンジや換気扇の油汚れ】には、
水を含ませたスポンジに小さじ1杯程度の重曹をつけて
軽く磨くときれいになりますよ。

【鍋が焦げついてしまったとき】は、
鍋に水を沸かした後に重曹2分の1カップを入れて一晩おき、
スポンジでこするときれいに落とすことができます。

この他にも、消臭や除湿効果もあるので、
【冷蔵庫や靴箱などの匂いが気になるとき】には、
重曹をカップに入れて蓋をせずに置いておくと、
天然の消臭剤や除湿剤として利用できます。

注意する点は、
重曹はアルミや畳を磨くと変色します。
また、液晶やフローリングは研磨作用で傷つく恐れがあります。

 

クエン酸の特徴と適した活用方法

クエン酸は酸性なので、アルカリ性の汚れである水垢や石鹼かすを落とすのに適しています。

【お風呂の鏡やシンクなどの水回りの掃除】には、
クエン酸は水に溶けやすいため、水500mlに小さじ1杯を入れてクエン酸液を作り、汚れにスプレーしてしばらくおいた後にスポンジなどでこすり水洗いします。

また、
【電気ポットの水汚れも洗浄】をすることができます。
ポットを満水にして、クエン酸を50g入れてお湯を沸かし、
1時間ほど保温した後、お湯を捨ててすすぎ、もう一度水を入れて沸騰させお湯を捨てます。
1回で湯垢汚れが落ちないときは数回繰り返すときれいになります。

また、
【トイレの汚れ落とし】にも利用できます。
トイレはアンモニアのアルカリ性の汚れが多いため、クエン酸できれいになるんですよ。消臭作用もあるのでトイレの匂いを消してくれます。

【衣服の黄ばみ防止】
洗剤として利用するのではないですが、
衣服を洗濯した後に、クエン酸を溶かした水につけることで
黄ばみ防止として使うこともできます。

クエン酸は大理石を磨くとつやが無くなったり、
塩素系洗剤と混ぜ合わせると有毒ガスが発生しますので、その点は注意しましょう。

 

セスキ炭酸ソーダの特徴と適した活用方法

 

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性で、
同じアルカリ性の重曹よりも10倍の威力があると言われています。

アルカリ性のため、酸性の汚れである油や皮脂汚れを落としてくれるのは重曹と同じですが、

重曹よりも強力で、セスキの方が水に溶けやすいため、
スプレー液にして利用しやすいのが特徴です。

汚れを落とす際には、
水500mlに対し小さじ1杯を入れたスプレー液を直接汚れにかけて、
ふきんで拭きとるときれいになります。

【えりや袖についた皮脂の汚れ】や、【血液が付いた衣服の洗濯の場合】は、
水に溶けやすくタンパク系の汚れに強いセスキの方が重曹よりも適していて、
スプレー液を汚れにかけてから5分ほどおいて、通常通りに洗濯をするか、
ひどい汚れの場合はつけおきするとさらにきれいに落ちます。

重曹と同じようにアルミや畳などは変色しますので注意が必要です。

 

まとめ

3つの特徴をまとめてみると、

重曹とセスキ炭酸ソーダは同じアルカリ性ですが、
重曹は鍋のこげ落としや、クレンザーとして利用しやすく、消臭剤や除湿剤としても利用できます。

また、セスキ炭酸ソーダは重曹よりも威力があるため、
よりしつこい油汚れや皮脂を落とす洗濯などの利用に向いています。

クエン酸は酸性のため、
アルカリ性の汚れである水垢やアンモニアの汚れを落としてくれます。

セスキ炭酸ソーダとクエン酸は水に溶けやすいため、スプレー液にして使いやすく、重曹は水に溶けにくいためペースト状にすると使いやすくなります。

 

それぞれの特徴を理解して、エコ掃除をしてみましょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です