ギャー!ドライフラワーに虫を発見・・・。寿命ってあるの?対処法は? | はなまるくらし

ギャー!ドライフラワーに虫を発見・・・。寿命ってあるの?対処法は?

こんにちは~。てんまるこです。

美しい瞬間を封じ込めるように作られるドライフラワー。
そのレトロで儚げな雰囲気は女子なら一度は憧れますよね。

私も何度か頂いた花束をドライフラワーにして部屋に飾っていた事があります。
ドライフラワーを作る一番簡単な方法は吊るしておくだけというものなので、
手間もかからずお手軽に素敵な飾りを作る事が出来るのですが、
ふと、

「ドライフラワーって、どうなったらダメになった事になるのかな…」

と、疑問に感じました。

そこでちらっと寿命の見分け方について調べてみた所、
衝撃の事実が発覚致しました!
実は、あのドライフラワーに…虫がつく事があるそうなのです!
虫のせいで廃棄せざるを得ない事があるそうです!

…私は、虫があまり好きではありません。
女性だと、虫が大嫌いという方も多いのではないかな?

しかし、冷静になってみるとドライフラワーに虫がつくなんて意外です。

どんな虫がつくのでしょうか…。

怖いもの見たさが顔を出しうずうずしてしまったので、
今回はドライフラワーの寿命と、憎き虫について調べてみました。

 

ドライフラワーに寿命ってあるの?

実はドライフラワーはあの状態でもまだ生きています。
決して“ドライフラワー=死んでいる”訳ではないのだそうです。

新鮮な花々がドライフラワーに姿を変えた後は、
置かれた環境や時間の経過により劣化し、
本当の寿命を迎え枯れていきます。

花により違いはありますが、
一般的に“美しくいられる”寿命は2~3カ月と言われています。

その期間を過ぎると段々と変化が現れ始め、美しさを失っていきます。
ちなみに、湿気や日光の度合いにより、寿命は更に前後します。

具体的な寿命の見分け方についての手掛かりは明らかな変化、
カビや変色です。

カビの場合は、花や茎に胞子がまとわりついているので、
見分け方としては簡単ですね。

もうひとつは、変色。

こちらに関しては個人の好みや感覚にもよるので、
一概に寿命のボーダーラインを決められませんが、
全体に茶色と白の範囲が大半を占める場合は寿命を考え、
変色が進んだ物を間引きするなどしていきましょう。

ただ私個人としては、あなたが

「それでも素敵」

と思えるなら、そのまま飾ってあげてもいいんじゃないかと思います。

愛着を持って長く飾ってもらえれば、花達も本望でしょうから。

最後の見分け方は、これから掘り下げていく問題の

“虫がついた”

場合。

ドライフラワーがポロポロと崩れだしたら危険なサインです!

こうなった場合なるべく早く廃棄しないと、花だけでなく部屋全体に悪影響を及ぼす事になりかねませんので、あれ?と思ったらすぐに対処して下さい。

 

ドライフラワーに虫がいた時の対処法は?長持ちさせる方法は?

大切な花を少しでも長く楽しみたい…そんな思いに関係なく、
彼ら、虫はやってきます。

ある日、美しかったはずのドライフラワーがポロポロと崩れていく…。

憎き虫の名は

【シバンムシ】

ドライフラワーに限らず、小麦粉や本などにもつくとても小さな虫です。
乾いたものを好み食い荒らして、成長すると飛びまわったりもします。
シバンムシを発見したら、その発生源を取り除くのが唯一の駆除方法です。

もしもドライフラワーが発生源だった場合は、
どんなに名残惜しくても悔しい気持ちをこらえて廃棄しなくてはなりません。

本当に悔しい…。

そこで、ドライフラワーを長く楽しめるコツも調べてみました。
是非、あなたのドライフラワーにもうひと手間かけて長生きさせてあげて下さい。

ドライフラワーを長持ちさせるコツ

ずばり、ドライフラワーを長持ちさせるコツは、

●肝心なのはしっかり水分を抜く事!

カビ防止の為、
ドライフラワーにする際の乾燥はきちんと行って下さい。
乾燥する期間の目安は1~2週間です。

●完成したら密閉容器に!

ほこりや虫から守る為に、出来あがったドライフラワーは
瓶やボトルなど蓋が閉まる容器で保存しましょう。

●なるべく直射日光を避けて!

色落ちの原因になるので、長期間楽しみたい場合は飾る場所にも
気を配ってあげて下さいね。

●ネオルシールをふりかける

ネオルシールはドライフラワーを補強してくれるスプレーです。
花落ち防止にも役立ちます。

 

まとめ

飾っておくだけで部屋の雰囲気がグッと良くなる
ドライフラワーですが、調べてみると私が思っていた以上に
奥が深く、手がかかる物でした。

でも、だからこそ出来あがった物に深い愛着を持てるのかも知れません。
せっかく思い入れのある花をキレイにドライフラワーへと
変身させられた訳ですから、
虫なんかに荒らされずに楽しみたいですよね。

それを叶える為に必要なのは、ほんの少しの準備とひと手間だけです。

後で後悔しない様、大切なドライフラワーをしっかり守ってあげて下さいね。

 
結婚式のブーケなど思い出の生花をいつまでも保存したい方は、プロにお任せしちゃいましょう。
↓ ↓ ↓
ブーケの保存加工【シンフラワー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です