七五三のお祝いにお返しって必要なの?いつ、何がおすすめ? | はなまるくらし

七五三のお祝いにお返しって必要なの?いつ、何がおすすめ?

こんにちは~!3児の母、てんまるこです。

お子様が七五三を迎えた親御さん、おめでとうございます。

子どもが七五三を迎え、
身内や親しい知人からお祝いをいただくと嬉しい反面、
お返しは必要なのか?どうするかと迷ったり困ったりしたことがありませんか。

私も子どもが七五三の時に両親や兄弟夫婦からお祝いをいただき、
お返しをどうするべきなのか、お返しするとすれば何がいいのか、
初めての体験で分からず、色々と調べたり周囲に聞いて大変な思いをしました。

そうした体験から、
七五三でのお祝いにお返しが必要なのか、
どのような物を贈ったらいいのか、
いつ頃贈るものかなどをまとめてみました。

 

七五三のお祝いのお返しって必要なの?

七五三は身内でお祝いすることが多く、
「身内のお祝いではお返しは不要」とされています。

それは「お祝いをいただいた方を食事会に招くことがお返しになる」と考えられていたためであり、

お食事会に招けない場合は、
お祝いの3分の1~半額の値段に相当するお返しをする人が増えています。

 

七五三の内祝いに適したもの

お返しの品としては、お祝いのおすそ分けとしての要素が強いため、
お赤飯や千歳あめ、お菓子を贈ることが多いですが、
お返しする相手に喜んでいただけるような日用品でも構いません。

この時のお返しの品として、
縁切りの意味になる切るもの(ハサミや包丁など)、
関係が壊れる意味になる割れるもの(陶器やガラスなど)は避けた方が無難です。

 

 

七五三の内祝いののしの書き方、送る時期

内祝いお返しの品には、紅白蝶結びののし紙の上段に「内祝」と書き、
下段には子どもの名前を書いてお渡しします。

お返しを贈る時期は、
お祝いをいただいてから1~2週間以内のできるだけ早い時期にお贈りします。

 

七五三で身内へのお返し。最も喜ばれるものは?

お返しの品に、お礼状を添えることはもちろんのこと、
七五三の時の晴れ着をきた子どもの写真を付け足すと、より喜ばれると思います。

「いただいたお祝いで、このようなお祝いをすることができました」と
手紙と写真でご報告することにもなります。
私の場合は、
七五三の参拝をした後に、
おじいちゃんとおばあちゃんも一緒に食事会に行き、
写真館で前撮りした晴れ着を着た子どもの写真と、
食事会で撮ったおじいちゃんとおばあちゃんも一緒に写った写真を
大きな写真台紙にして贈りました。

おじいちゃんとおばあちゃんは、実際の晴れ着姿も見ましたが、
写真を見ることでいつでも思い出すことができると、

「何よりも嬉しい贈り物だ」と喜んでくれました。

マナーとしてお返しをするというよりも、
『お祝いをしていただいた心遣いをきちんと受け取り、
無事にお祝いをすることができましたと感謝し報告する』

ことが、心のこもったお返しになると思います。

7歳の七五三のお祝いの際は、
少しずつ平仮名が書ける子もいるでしょうから、
お子様も「ありがとう」とお手紙を書いて渡してみてはいかがでしょうか?

きっと喜んでいただけると思いますよ。

自分がもしお祝いを贈る場合のマナーや相場は?

自分がお祝いを贈る場合は、
お祝いを贈る相手との関係にも影響しますが、

身内以外の知人の場合、3000円~5000円、

甥や姪の場合、5000円~10000円

祖父母の場合、10000円~30000円

が相場と言われています。

 

お祝いの祝儀袋は、
紅白の蝶結びものものに「御祝」や「七五三御祝」と書いて贈ります。

お金ではなく、品物を贈る場合もありますが、
この場合は相手方にどのようなものがほしいのか、
事前に相談して相手の希望に沿うものを差し上げると喜ばれます。

お祝いを贈る時期としては、
お祝い当日では慌ただしいので、
事前にお渡しする方がいいでしょう。

 

最後に

七五三は、子どもが今まで無事に成長したことへの感謝と、
これからの成長と幸せを願って神様へお参りをする行事になります。

自分が子どもの頃の七五三の写真を見ると、
両親が今の自分と同じように、
自分の成長と幸せを願ってお祝いしてくれたことが伝わりますよね。

自分が親にしてもらったことを、
今度は自分の子どもにもすることで、
思いや命がつながっていくことを感じる行事でもありますね。

最低限のマナーを守りつつ、
お互いの気持ちが通じ合うようなお祝いとお返しをすることで、
素敵な七五三になることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です