おでんを日持ちさせる方法。アレンジレシピもご紹介 | はなまるくらし

おでんを日持ちさせる方法。アレンジレシピもご紹介

こんにちは~!てんまるこです。

寒くなると温かいものが食べたくなりますね。
煮物は沢山作った方が美味しくなると言いますので、
冬の定番でもあるおでんも沢山作ってしまいます。

一晩で食べきれず、必ず余ってしまいますが、
次の日も安心して美味しく食べられるように、
日持ちさせるためにはどのように保存するのがよいのでしょうか?

今回は、おでんを日持ちさせる方法について詳しく紹介します。
またアレンジレシピも紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

おでんを日持ちさせる方法


おでんを日持ちさせるための方法を、常温、冷蔵庫、冷凍庫それぞれの場合で紹介します。

おでんを常温で保存する場合

常温で保存する場合は、
室温が5度であれば、3日程度は腐ることはなく保存することが可能です。

ただ、冬でも部屋の中は暖房していますので、5度に保つのは難しいですよね。

そのため、
常温でしばらく保存したいときは、必ず火を通して菌の繁殖を防ぐことが必要です。
毎日数回火を通していると、水分が蒸発してしまいますので、味が濃くなってしまい煮しまってしまうため、汁を継ぎ足していかなくてはなりません。

【常温で保存する時のポイント、注意点】
・室温が5度であれば、3日程度は保存可能。

・暖房などで室温が高い場合は、一日に数回、火を通す。

手間と衛生面を考えると、常温よりも冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

 

おでんを冷蔵庫で保存する場合

冷蔵庫が大きく、余裕があれば、
おでんの粗熱をとって冷めてから冷蔵庫に鍋ごと冷蔵すれば温める時も楽ですね。

しかし、冷蔵庫に鍋ごと入らなかったり、味がしみこみすぎるのを防ぎたい場合には、
汁と具を別々にジップロックに入れて保存するのがいいでしょう。

冷やしたおでんを温める時は、電子レンジで簡単に温めたいところですが、
卵は破裂してしまう危険性がありますので、鍋に移して温め直す方が安全です。

【冷蔵庫で保存する時のポイント、注意点】
・鍋ごと冷蔵する場合は、しっかりと冷めてから!・鍋が入らない場合は、汁と具は別々にして保存!

・3日程度で食べきる!

・1日1回火を通すと1週間程度保存できる

 

おでんを冷凍庫で保存する場合

おでんを冷凍して保存すれば1ヶ月程度長期間保存できます。
しかし、冷凍すると食感が変わってしまうものがある点を覚えておきましょう。

冷凍すると、水分がぬけてしまうんです。
・たまごやジャガイモはスカスカになってしまいます。
・こんにゃくは、パサついたお肉のような食感になります。
・厚揚げは高野豆腐のような食感になってしまいます。

これらの食材は別の料理にアレンジして使ったほうが良いかもしれません。

【冷蔵庫で保存する時のポイント、注意点】
・たまご、じゃがいも、こんにゃく、厚揚げなどを除いた食材を真空パックへいれて、保存。

・1ヶ月程度保存可能。

・自然解凍したあと、鍋に移してしっかり火を通して食べる。

 

おでんのアレンジレシピ

おでんを沢山作って、おでんに飽きてしまったら、
味がしみこんだ具材や、色々な具材の味が染み出た出汁をうまく生かしてアレンジしてみましょう。

炊き込みご飯

炊き込みご飯はおでんの具材と出汁の両方を有効に使えるアレンジレシピです。
おでんの具材を細かく切り、お米を炊く水の代わりに、おでんの出汁を使って、
具材と出汁を入れたご飯を炊いてみましょう。おでんの味を生かした炊き込みご飯ができますよ。
注意する点は、大根を取り除く事です。煮くずれてしまいます。

卵料理

おでんのダシはとっても美味しいので、だしを捨ててしまってはもったいないです。
卵におでんの出汁を少しいれて、卵焼きを作ると簡単に美味しい出し巻き卵ができますよ。
また、茶わん蒸しおからを炊く時におでんの出汁を使っても美味しいです。

その他

・おでんの具を細かく刻み、ジャガイモを足して和風コロッケを作る。

・おでんの具を細かく刻み、ひき肉を足して、オムレツの中の具として使用する。

・おでんのままカレーのルーやシチューのルーを入れると、和風のカレーやシチューができます。

・パスタをゆでて細かく切ったおでんの具材と出汁を混ぜると和風パスタ。大葉をそえると美味しいです。

 

 

まとめ

おでんは熱を加えたり、冷蔵庫に入れて保存して2~3日の間には食べたいですね。
熱を加えて冷める時に味が染みると言いますから、より濃厚な味のおでんが食べられそうですね。

おでんを食べた次の日にはアレンジして料理をしたら、飽きずに食べられ、節約にもなります。
おでんの残りで炊き込みご飯と出し巻きたまごを作って、
あとは魚を焼いてお味噌汁をつければ、立派なご飯の完成ですね。

ぜひ、おでんのおいしさを余す事なく堪能してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です