フリースは静電気を起こしやすいわけ。原因と対策を紹介 | はなまるくらし

フリースは静電気を起こしやすいわけ。原因と対策を紹介

こんにちは~!てんまるこです。

寒くなると欠かせない軽くて暖かいフリースですが、
静電気が起きやすくて脱ぎ着するときにドキドキしてしまいますよね。

他の素材の洋服よりもフリースはどうして静電気が起きやすいと感じるのでしょうか。
静電気を起こしやすい原因は何なのか。
どうしたら静電気にドキドキしなくて済むのか。

フリースと静電気の関係を紹介します。

 

フリースが静電気を起こしやすい理由、原因

洋服はコットン、ウール、アクリルなど色々な素材からできていますが、
その素材の種類によってプラスとマイナスの電気がそれぞれにたまりやすいという性質を持っています。

同じ性質の素材どうしを組み合わせて着ると、静電気は起きにくいのですが、
マイナス電気をためやすい素材とプラス電気をためやすい素材を組み合わせて着ると、
プラスからマイナスに電気の流れが起こってしまい、静電気が起きやすくなってしまいます。


参照:Lion 

+(プラス)の電気をためやすい素材は、ウール(羊毛)やナイロン、レーヨン。

-(マイナス)の電気をためやすい素材は、ポリエステルやアクリル、塩化ビニールがあります。

フリースはポリエステルでできています。
フリースは-(マイナス)の電気を帯びやすい素材です。

 

フリースを羽織るときは中に着るものに多くなる保温性の高いウールや、
裏地や肌着によく利用されるレーヨンの素材は、プラスの電気をためやすいので、
静電気が起きやすくなるというわけです。

また、洋服だけでなく、
私たちの髪の毛も+(プラス)電気をためやすい性質があります。
フリースの素材がためやすい-(マイナス)電気と異なりますから、
プラスからマイナスに電気が流れて、静電気が起こりやすいというわけですね。

 

フリースを着た時に静電気を抑える方法

同じ電気をためる素材のもの同士を身に着けよう。

着る素材によって電気の流れが起きて静電気が起きるのですから、
電気の流れが起きないように、
同じ電気をためる素材どうしを身につければ静電気を抑えることができます。

 

フリースがは-(マイナス)電気をためやすいので、
同じ-(マイナス)電気をためやすいポリエステルやアクリルの素材でできている洋服を着れば静電気をおさえることができます。

例えば、今では当たり前のように着ている肌着のヒートテック。
ヒートテックはアクリルやポリエステルで出来ているので、
フリースと同じ-(マイナス)の電気を帯びやすい素材なので、静電気は起こりにくいです。

綿のマフラーやショールを巻く

綿(コットン)は電気をためにくい素材でできています。
同じ電気をためやすい素材同士で洋服を着る場合でも、綿(コットン)を間に入れることで、
静電気が抑えられます。

簡単にできるおすすめの方法は綿のマフラーを巻く事です。
髪の毛(+)とフリース(-)の間に綿でできたマフラーやショールを巻いても、
静電気が抑えられるというわけです。

コットンは保温性や通気性い優れているので、あったかいですよ。

 

洗濯する時に柔軟剤やリンスを使う。

「洋服の素材を見て組み合わせを考えるのが難しい。」という方は、
フリース自体に静電気が発生しにくくする方法がおすすめです。

それは、洗濯後に柔軟剤やリンスを使って洗うことです。

フリースを洗濯する際に柔軟剤で仕上げをすると繊維の滑りが良くなり、
摩擦が起きにくくなり、静電気の発生を抑えることができるのです。

柔軟剤と同じような効果があるのが、髪の毛に使うリンスです。
柔軟剤投入口に(5キロで大さじ2程度)のリンスをそのまま入れて洗濯します。

リンスには、髪の毛の静電気を抑える作用があるのを、フリースに応用するというわけです。
アトピー体質で柔軟剤を使うのが難しい方はぜひリンスを試してみてください。

静電気防止スプレーを使う

一番簡単なのが、静電気防止スプレーを使う事ですね。
ポイントは、洋服の表にスプレーをするだけでなく、表と裏の両方にスプレーすることです。

出かけ先でも、ささっと静電気対策をできるのがいいですよね。

 

まとめ

フリースを着る時には、
洋服のコーディネートをして静電気を抑えるか、
フリース自体に静電気を抑えるためのスプレーをするか、
柔軟剤を使って静電気を抑える事ができます。

少し手間がかかりそうにも思いますが、
フリースの軽さと温かさを考えると、
着ないという選択肢よりも静電気を抑える方法を試してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です