加湿器のカビにおすすめの掃除方法。加湿器病を予防しよう。 | はなまるくらし

加湿器のカビにおすすめの掃除方法。加湿器病を予防しよう。

こんにちは~!てんまるこです。

加湿器をきれいな状態で使わなくては
雑菌やカビを水蒸気と一緒に部屋中にばらまいてしまう危険性があります。
加湿器の水は水道水を使ってくださいね。
加湿器にミネラルウォーターはNG。水道水を使う理由は?

カビはアレルギーや喘息などの病気の原因の一つともされているので、
そんなことにならないようにこまめに掃除するのが1番ですが、
もし加湿器にカビ生えてしまったら、取り除く事はできるのでしょうか?

今回は加湿器にカビが生えてしまった場合の掃除方法を紹介します。

おすすめの掃除の仕方を調べてみました。

 

加湿器のカビの場所による掃除方法と加湿器病

まず、加湿器のカビはどこに出来ていますか?
多くは加湿器の内部のカビとタンク内のカビに分かれると思います。

■加湿器の内部のカビをきれいにする方法
ブリーチやハイターといった塩素系漂白剤を薄めてふき取りましょう。

■タンク内のカビをきれいにする方法
タンク内の水にクエン酸を入れ、よく振る。その後、よくすすぎます。
(水1リットルに対してクエン酸大さじ2分の1)

 

※クエン酸と塩素系漂白剤が混ざるとガスが発生し大変危険ですので、
混ざらないようにしましょう。

カビが取れない場合は、加湿器を使う事で健康を害してしまう可能性があるので、
部品の交換や新しいものへの買い替えをおすすめします。

加湿器病とは

加湿器病って聞いた事ありますか?
加湿器病とは雑菌やカビがついたままの加湿器を使う事によって、
空気中にカビや雑菌を巻きちらし、肺や呼吸器系にアレルギー疾患が起こる事です。

主に、超音波式加湿器に多いのが特徴です。
超音波式加湿器は、ミネラルや塩素を含んだままの水を
超音波の振動によって、微細な粒子にしたものなので、空気中に飛び交ったミネラル成分を吸い込むことで、肺や呼吸器に違和感がおこり事があります。

加湿器の定期的な掃除の仕方

カビや雑菌はこまめに適切な掃除をしていれば、避けられるので、
定期的に手入れしていきましょう。
加湿器の掃除、お手入れの頻度別に紹介します。

■毎日行うお手入れ
・タンク内の水を交換する

加湿器の中にある給水タンクをきれいに保つためには、
まずタンク内の水を毎日新しい水道水と入れ替える必要があります。
水道水には塩素が含まれていて、雑菌やカビを殺菌してくれますが、12時間以上経つと塩素が無くなってしまいますので、雑菌やカビを繁殖させやすくなってしまうのです。

 

■週1回行うお手入れ

・吸気グリルを取り外して、掃除機などでほこりを取る
吸気グリルにほこりが溜まったり汚れがひどくなると、
雑菌が繁殖したり、加湿する量が少なくなったり、送風する音が大きくなることがあります。

・加湿器の外側を拭く
柔らかい布でから拭きするか、水で薄めた中性洗剤をつけた布で拭いてくださいね。

・フィルターやトレイの掃除
加湿器の中には、お手入れサインが出ることがありますので、サインが出たらすぐに掃除するのが一番です。お手入れサインが出ないものに関しては、週1回は掃除しましょう。

加湿器は水道水を使うので、ミネラル分が蒸発せずに残り、白い塊ができたり、水垢となってしまいます。

 

 

加湿器の抗菌フィルターの掃除にはクエン酸が効果的

加湿器のフィルターの掃除をするときには、
加湿器のコンセントを抜いた状態で掃除しましょう。

フィルターやトレイに白い固まりができてしまった時の掃除には、
クエン酸を使うと簡単に掃除ができます。

ぬるま湯3リットルあたり大さじ1のクエン酸を溶かして、
2時間ほどフィルターをつけておきます。
その後約2分ほど、十分に水ですすぎます。

汚れ方がひどければ長くつけておけば汚れも取れやすくなりますね。

クエン酸は無害のものですので安心ですが、クエン酸が残ってしまうと臭いにおいがしたり、加湿器が壊れてしまう場合がありますので、必ずきれいに洗い流してください。

週に1回、長くても月に1回クエン酸で洗浄することで、フィルターは長持ちしますよ。

 

まとめ

加湿器は健康のためにもきれいに使いたいものですよね。
毎日、一週間に一度、一ヵ月に一度と掃除しつつ、
使わなくなる時期の前、久しぶりに使う時にも掃除して、
長く使っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です