加湿器にミネラルウォーターはNG。水道水を使う理由は? | はなまるくらし

加湿器にミネラルウォーターはNG。水道水を使う理由は?

こんにちは~!3児ママのてんまるこです。

寒くなって乾燥し始めると風邪予防のためにも加湿器を使うことが増えます。
家の加湿器の説明書を見ると、
水道水以外は使わない」とはっきり書いてありました。
これ驚きですよね。

給水タンクに入れた水が水蒸気となって出てくるわけですから、
ミネラルウォーターや浄水器を通した水を入れた方がきれいな水蒸気が出るのではないかと思いませんか?
少なくとも私はそう思ってしまいました。

我が家の加湿器だけでなく、
ほぼすべての加湿器で水道水以外の水が使用禁止になっています。

ミネラルウォーターやウォーターサーバー、浄水器の水はNGなのでしょうか?
調べてみましたよ。

 

加湿器にミネラルウォーターを使ってはいけない理由


実は、水道水には水をきれいにするために微量の塩素が含まれていて、
水の中の雑菌を殺菌してくれています。
その微量の塩素が加湿器の給水タンクに入った状態でも雑菌の繁殖を抑えてくれるのです。

逆にミネラルウォーターや浄水器を通した水、今人気のあるウォーターサーバーの水は、
美味しさを追求しているため、塩素が含まれていません。
なので、カビや雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

もしも、雑菌が繁殖してしまったミネラルウォーター水を使うと、
雑菌を水蒸気と一緒に部屋中にばらまいてしまったり、加湿フィルターの寿命が短くなる可能性があるのです。

ですから、給水タンクには水道水を入れる必要があるのです。

では逆に塩素を含んでいるので水道水は飲んではいけないの?と思いがちですが、
この塩素は人に害を及ぼさず、空気に触れるとすぐに揮発して抜けてしまうので、
安全なんですよ。

加湿器の種類とお手入れ方法

水道水の塩素も時間が経つにつれて、抜けていきます。
塩素が抜けるのは12時間ほどだと言われていますので、
給水タンクの水が残っていても捨てて、毎日新しい水道水に交換しましょう。

そして、こまめにお手入れする事も大切です。
時間が経つにつれて徐々に水の中に雑菌やカビが入って繁殖し、
フィルターが黒ずんだり、ぬめりが出てくることがあります。

効果的に加湿器を使用するためにも毎日の水の交換とともに
こまめなフィルターの掃除が大切なんです。

 

加湿器には、
「気化式加湿器(ヒーターレス)」、「蒸気式加湿器(スチーム)」、「ハイブリッド式加湿器(気化 + 蒸気)」、「超音波式加湿器」の4種類があります。

簡単に説明すると、

■気化式加湿器(ヒーターレス)
水をフィルターに透過させて、ファンに風を当て水を水蒸気にする方式■蒸気式加湿器(スチーム)
加湿器に内蔵された電熱装置が熱を加えて水を水蒸気にする方式

■ハイブリッド式加湿器(気化 + 蒸気)
気化式加湿器に内蔵しているヒーターを、湿度が低下した際に電熱装置を稼働させて、水を水蒸気にする方式
■超音波式加湿器

水を超音波の振動によって微細な粒子にして、水を水蒸気にする方式

気化式加湿器は熱を加えずに水を水蒸気にするため、雑菌が繁殖した場合、ファンに乗って飛び散るため、ファンの掃除と給水タンクの水の交換は怠らないようにする必要があります。

蒸気式加湿器は水を100℃以上で加熱するため、煮沸消毒することになり、殺菌状態を維持することができます

ハイブリット式加湿器は気化式と蒸気式の両方の機能で運転しますので、運転の状況によっては気化式と同じ状態も考えられるため、タンクの水を毎日交換し、フィルターの清掃もする必要があります。

超音波式加湿器は、水のまま水蒸気に変えるため
水に雑菌が含まれている場合、空気中に飛び散る危険性があるため、注意が必要になります。最近では超音波式加湿器でも除菌率99%と示している物もありますので、使用している加湿器をきちんと調べてみることが必要です。

 

 

まとめ

・給水タンクの水は水道水を使う。
・水は毎日取り換える。
・手入れをこまめにする。

この3つが大切という事ですね。
健康のために加湿をしようと思ったのに、害があっては本末転倒です。
加湿器を機能的に、適した使い方ができるように注意していきたいですね。

加湿器の効果を発揮する置く場所について書いた記事も合わせて読んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です