みかんの皮の剥き方はヘタからより「和歌山剥き」がおすすめ。薄皮をきれいに剥く方法も紹介 | はなまるくらし

みかんの皮の剥き方はヘタからより「和歌山剥き」がおすすめ。薄皮をきれいに剥く方法も紹介

こんにちは~!てんまるこです。

みかんが店頭によく並ぶようになりました。
手軽に食べられるので冬になるとよく食べますが、
色々なおすすめの皮の剥き方を試し、できるだけきれいに剥ける方法を試してみました!

あなたはみかんの皮をどちらから剥きますか?
お尻から派?ヘタから派?ですか?

人によって剥き方に好みがありますと思いますが、
私はヘタからとお尻からのいいとこどりの「和歌山剥き」をしています。

今回は「和歌山剥き」のいいところを紹介します。

 

みかんの皮の剥き方は和歌山剥きがおすすめ

まず、お尻から剥く派のメリットは、指が入りやすい事です。
しかし、白いすじが多く残ってしまうんですよね。
白いすじには栄養もたっぷり含まれているの、せっかくなら食べた方がいいんですが、
あまりにも白いすじが付いていると正直食べにくくないですか?

反対にヘタから剥く派は、指は真ん中には入れにくいものの、
白いすじもきれいに取ることができるんです。
指が最初入りにくいので、力をすぎると、みかんがぐちゃっとなってしまったりします。
爪が汚れるのも嫌ですよね。

どちらの剥き方にもメリット、デメリットがあるんです。
しかし、両方のメリットを集めた剥き方があるってしっていますか?
それが「和歌山剥き」です。

和歌山剥きのメリットは早く剥ける事。

この和歌山剥きというのは、
みかんのお尻から指を入れて、みかんを皮ごと4等分に割る方法です。
さらに房をヘタのある方からひとかたまりずつ取り外していくと、
白い筋も取ることができて、皮もバラバラにならずに剥くことができます。

最初はお尻から指をいれて、
ヘタから皮をむき、白い筋もとれる!
「お尻から」と「ヘタから」剥く方法のいいとこどりが「和歌山剥き」という事ですね!

このみかんの和歌山剥きですが、やってみるとわかるのですが、
メリットがたくさんありますよ。

・みかんが早く剥ける。

・白いすじが取れる。

・乾燥しにくい。

・手が汚れにくい。

私もこの方法を知ってからはずっと「和歌山剥き」です。
あなたも小さな感動をぜひ味わってみてくださいね!

 

 

みかんの薄皮をきれいに剥くには?

みかんの薄皮にも栄養があり、みかんの薄皮ごと食べるのがおすすめなのですが、
赤ちゃんの離乳食や大量のみかんでジュースを作りたい時など
薄皮を剥いて使いたいこともありますよね。

そんな時に簡単に薄皮を剥く方法があります。

 

準備するものは重曹だけ。

 

まずは、普段通りみかんの皮を剥きましょう。ぜひ和歌山剥きで。

その後、1房ずつ分けるか丸ごとか、どちらかにしてください。
使い道によって決めていただいてOKです。

お鍋にお湯を400CCほど沸かし、その中に重曹を小さじ2分の1入れて、
その鍋に皮を剥いたみかんを入れ、弱火~中火で煮立たせてください。

 

ゆっくりとかき混ぜていくと、だんだんと薄皮が薄くなります。
薄皮が溶けて全体がみかん色になれば、皮が無くなったということで完成です。

みかんの薄皮の厚さによって煮る時間が変わりますが、
だいたい2分ほど煮るとで完成します。
その後は、冷水にさらして冷やせば完成です。

 

重曹は食べられる物ですので、身体に悪いものではありませんし、
1つずつ薄皮を剥く手間を考えたら、みかんの形を崩さずに簡単に剥くことができる方法になります。

ぜひ、1個とかなら手でもいいですが、
ジュース作りなどで大量に剥くときや面倒な時はぜひ、重曹で煮る方法を試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です