友人や身内に不幸があった時にかける言葉やメールはどうするべき?具体例で詳しく紹介。 | はなまるくらし

友人や身内に不幸があった時にかける言葉やメールはどうするべき?具体例で詳しく紹介。

自分も歳を重ねていくにつれて、周りの人も同時に歳を重ねていきます。
自分の親が亡くなったり、友人のご両親や祖父母が亡くなられたりという経験も増えてきますよね。

先日、仲の良いママ友のお父さまが亡くなりました。お通夜に行くとの事だったので、その時は「大丈夫?気を付けて行ってきてね」としか言えなかったのですが、
もう少し何か気の利いたことが言えたのではないかと後から気になって仕方ありませんでした。

友人に不幸があったとき、何と声をかけるべきだったの?

不幸というものは突然訪れます。いざという時のために最低限のマナーを覚えておきましょう。

友人や身内に不幸があった時にかける言葉のマナー

突然の不幸を耳にして、とっさに言葉が出なかったり、戸惑う事も多いと思います。
大切なのは、相手の気持ちを思いやって、素直に言葉に表す事です。
突然の不幸なのに、前もって準備していたような気の利いた言葉なんて必要ありません。不自然ですからね。

しかし、大人として一般的なマナーは知っておく必要があります。

身内に不幸があった人にかける言葉の基本

身内に不幸があった人にかける言葉として一般的なものは以下のものです。

  • 「この度は、ご愁傷(しゅうしょう)さまです」
  • 「お悔やみ申し上げます」

「ご愁傷さまです」は不幸があった遺族の方に対してなら基本誰に対してでも使える言葉です。(正式には神道、キリスト教では使いません)
ただし、メールや手紙では”お悔やみ申し上げます”を使うのが一般的です。

MEMO
基本は「ご愁傷さまです」
メールや手紙は「お悔やみ申し上げます」

不幸に対してふさわしくない言葉遣い

不幸があった場合、相手の立場に立ち、相手を思いやる言葉が一番大切ですが、中にはマナーとして使ってはいけない言い回しというものがあるので覚えておきましょう。

  • 死に関するストレートの表現は×
    死亡、死んだ → 亡くなった、ご逝去されました
  • 不幸が重なる事を連想させる言葉は×
    重ね重ね、ますます、再び、返す返す、皆々様 など
  • 宗教上不適切な言い方
    (仏教)浮かばれない、迷う などは×
    (神道、キリスト教)冥福、供養、成仏、往生 などは×

死亡理由は聞かない

基本的に、死亡理由はこちらから聞かないようにしましょう。
必ずしも幸せな死ばかりではないですし、まだ傷心状態の方へ、あれこれ聞くのは失礼です。

本人が色々話してきた場合には、親身になって、話を聞いてあげましょうね。

身内が亡くなった人にかける言葉の具体例

身内が亡くなった人に対する言葉の具体例を紹介します。
おおまかに、上司など目上の方へと親しい友人へと2パターンに分かれます。

上司、目上の方へ対する言葉がけ

きっと上司の方も突然の訃報に傷心したり、忙しくバタバタであると思います。
なるべく、短めに声をかけるといいと思います。

  • 「この度はご愁傷さまでした。お身体は大丈夫ですか?」

 

親しい友人へ対する言葉がけ

基本の「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」の言葉は、
親しい友人や親しい間柄の人に対して使うにはどこか堅苦しい感じがしますよね。
また、使い慣れない言葉なので、よそよそしい言葉に感じてしまいます。
友人対して使うにはちょっと違和感を感じる場合は、素直な気持ちを言葉にするといいですよ。

とっさにかける言葉ですし、長い言葉をかけるよりも、友人を心配していることが伝わる言葉がいいように思います。
ただ、友人のことを考えたら、かける言葉が見つからないというのも本音だと思いますので、

「何と言っていいか分からないけど・・・」

最初に声をかけることで、上手い言葉が見つからないという複雑な気持ちも伝わると思います。

たとえば、親しい友人で身内がなくなった人にかける言葉の具体例

  • 「何と言っていいかわからないけど・・、大変だったね。あなたの方は大丈夫?元気出してね」
  • 「辛いね。何もできる事はないかもしれないけど・・、何かできることがあったら遠慮なく言ってね」

 

などという言葉がいいと思います。
実際には手伝える事なんてないかもしれませんが、”何か手伝うよ”と言ってくれたらきっと友人もうれしいのではないかと思います。

 

お悔やみの言葉をかけなくてもいい場合

人の死というのはとてもデリケートな事ですから、人によっては触れられたくないものです。
そのため、直接聞いた。(社内など)みんなに公表している。場合のみ声をかけてあげましょう。

本人が話してくる以外は決して入りこまないというのが鉄則だと思います。
普段通り過ごす事がお悔やみになると思うのです。

間接的に不幸を知った場合、私なら何も聞かず、何も言わずに普段通り接します。
人の死というのはとてもデリケートな事ですから、人によっては触れられたくないものなのです。
ぜひ普段通り明るく接してあげましょうね。

何かふとした瞬間に友人の異変や元気がなかった際は、
「もし、何かできることがあったらいつでも言ってね」とだけ伝えます。

 

友人の不幸をメールで知った時の注意点と返信例

メールで友人の不幸を知った時の対処法です。

例えば、
”父が亡くなったので、実家へ帰ります。約束の日、会えなくなりました”
というような場合です。
こんな時は、なんと返信すればいいのでしょうか?

注意するポイントは以下の4つです。

  • ご愁傷さまより「お悔やみ申し上げます」と使う
  • 短めの文章にする(時間をとらせない意味で)
  • 「たびたび、重ね重ね、しばしば、いよいよ、またまた」など繰り返し言葉は不幸が繰り返される事が連想させる言葉なので使わない。
  • 「4」「9」など死や苦を連想させる言葉は使わない。

私なら、こんな感じで返信します。

  • お父様のご逝去に際し、心よりお悔やみ申し上げます。
    突然の事で驚きましたが、○○(友人の名前)は大丈夫ですか?
    何か手伝える事があったらいつでもご連絡下さいね。約束はまた後日にしましょう。
お悔みの気持ちを相手に伝える事は、なかなか難しい事ですよね。
色々なパターンがあると思いますが参考にしてください。

まとめ

今回のお悔やみの言葉ですが、どれくらい親しい関係の友人なのか、亡くなられた方と面識はあるのかなどによって、大きく変わってきます。
基本は「ご愁傷さまです」。メールの際は「お悔やみ申し上げます」

親しい友人や身内に不幸があった時は、手短に素直な気持ちを伝えましょう。
「大変だったね」「できる事があったら遠慮なく言ってね」

言葉をかける時は、心から出た言葉はきちんと相手に通じます。
普段から自分の気持ちを言葉にすることを大事にしていきたいですね。

香典友人、知人の親の不幸。通夜、葬儀には参列すべき?訃報を聞いた際の対応と香典や参列の際のマナー 数珠 選び方数珠はどこで買うの?選び方別に売り場、販売店を徹底検証!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です