諦めないで。壁紙に書かれたクレヨンでの落書きの落とし方 | はなまるくらし

諦めないで。壁紙に書かれたクレヨンでの落書きの落とし方

こんにちは~!3児ママのてんまるこです。

 

「やられたぁ~…」

気付いた時にはすでに後の祭り。

我が子はクレヨンを手に、
鼻歌なんて歌いながら、芸術作品を仕上げています。

子供を持つ親達が一度はやられる“壁画”
子供達には悪気が無くても、あの自由奔放な落書きを見ると、
可愛いはずの我が子が恐ろしく見えますよね…。

我が家も上の子はやらなかったんですが、末っ子が自由奔放な性格で…。
1歳、2歳の時に何度かクレヨンで壁紙に落書きされました。

壁紙の色が薄ければ尚更、
ママの心のダメージは計り知れないものになります。
筆記用具の中でもクレヨンは特に、その特性から
非常に落としにくい厄介な相手です。

 

でも、まだ諦めないで。
賃貸だろうが、持ち家だろうがママのショックは同じ。
泣きたくなる前になるべく早くこの方法を試してみてください。

 

 

壁紙にクレヨンの汚れを落とす時の基本はこれ!

 

まず分かって頂きたいのは、
どんな場所、どんな方法であれ
クレヨンの汚れを取り除く作業には多少の根気が必要だという事。

 

面倒な気持ちはよく分かりますが、
しみ抜きなどと同様、
コツコツ地道に、作業をこなしていくしかありません。

また、汚れを落としている段階で
壁紙が傷んでしまっていたり、シミが残る事もあります。

こればっかりは、
壁紙と汚れ落としの方法との相性の問題なので、やってみなければ分からないです。
そういった意味でも、

【まずは小さい範囲に絞り、試験的に汚れを落としてみて様子を見ながら進めていく】

方が、遠回りでも安全で効率的です。

 

拭きとり方については、
出来るだけ力を加えずに優しく叩くようにして汚れを落とすようにして下さい。

ゴシゴシと擦ってしまうと壁紙を傷めるだけでなく、
汚れが奥に入り込み、余計に落ちにくくなってしまいます。

 

 

歯磨き粉がクレヨン汚れを劇的に落とします。

クレヨンの汚れ落としに使えるアイテムとして、
〈メラミン素材のスポンジ〉がいいと言われています。

ただ、私の個人的な意見としてはメラミンのスポンジは
撫でるだけでも比較的よく落ちますが、壁紙へのダメージはダイレクトに届きます。

この方法で落とす時は特に、力を入れない様にした方がいいですよ。

 

使う洗剤については、〈キッチンクレンザー〉〈オイルのクレンジング剤〉

などが比較的効果があるとは言われていますが、
こちらは、相性によっては壁紙にシミが出来たりします。

まずは見えにくい場所で、パッチテストの要領で壁紙と洗剤の相性を試した方が無難ですね。

 

そして、先輩ママから「よく落ちる!」と、
最も支持され評判もいいアイテムで我が家の危機を救ってくれたのが…
なんとあの…!

〈歯磨き粉と歯ブラシ〉なんです。

自分の歯を磨くのと同じように、歯磨き粉をつけた歯ブラシで、壁の汚れをゴシゴシ…。
最後に濡れた雑巾で優しく仕上げ拭きをすれば、想像以上にクレヨン汚れが落ちますよ。

 

 

まとめ

絶望的に感じてしまう程のクレヨン壁画でも、
実は色々な物を使って落とせます。

あまりおすすめは出来ませんが、どうしても落ちにくい場合は
ドライヤーの熱風を当ててみるのも手です。

油断すると熱で壁紙を傷めてしまいますが、
熱でクレヨンの油分を溶かす事で、
そのまま拭きとる時よりも効果的な汚れ落としが可能です。

 

ですが、どの場合でも残念ながら完璧にというのは難しいかもしれません。
筆圧が強ければ、尚更難しいでしょう。

多少の色残りは否めません。
諦める前にちょっと試してみよう。という気持ちで行ってくださいね。
無理矢理落とそうと何度も強くこすったり、ドライヤーの熱風を当て続けていたりすると、
壁紙が破れたり、変色したりと逆に取り返しのつかない状態になってしまいます。

 

賃貸であれば、多少の汚れは経年劣化として受け入れられますし、
持ち家であれば、アレンジ次第で汚れを隠す事も可能です。

どの場合でも、引き際を見極めて汚れと戦うようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です