鳩の餌は何?食べものを与える危険性と子供への対処法 | はなまるくらし
初期費用0円で電気代が安くなる!今なら2,000ポイントもらえる!

鳩の餌は何?食べものを与える危険性と子供への対処法

こんにちは~!3児ママのてんまるこです。

鳩は一体何を食べて生きているの?

そもそも餌をあげてもいいの?

こんな疑問が湧いてきませんか?

小さな子どもって鳩好きですよね。
我が家の子供たちも「ポッポ。ポッポ」と鳩を追いかけて遊んでいます。
餌やりをしたら、すごい勢いで食べてくれるので、子供も大喜びです。

しかし、鳩は実は菌をたくさん持っています。なるべく、餌を与えない方がいいんですよ。

今回は、公園や駅などでよく見かける「ドバト」の生態と餌やりの危険性、子供への対処法を紹介します。

 

鳩のエサって何?食べるもの

公園などで見かけるハトは「カワラバト」と呼ばれる種類のハトで、昔手紙などを急いで送る時に使われていたデンショバトです。
それが野生化して、どんどん増えていっています。
そんなよく見かけるハト(通称ドバト)の主な食べ物を紹介します。

豆類

鳩が本来好んで食べるものは、エンドウ豆、麦、ひまわりの種、トウモロコシなどの穀物や植物の種子、豆類です。

雑食とも言われていますが、
山や雑木林などの自然界にあるものを好みます。

きれいな水

餌から水分を吸収することもできますが、
それだけでは水分が足りないので、きれいな水があるところで水も飲んでいるんですよ。
公園などの噴水近くにはたくさんの鳩がいますよね!

一般的に鳥は、一度水をくちばしですくって上を向いて飲みますが、

鳩は他の鳥と違って、くちばしを水につけて、
ポンプのように水を吸い上げてゴクゴクとそのまま飲むことができます。

くちばしがストローのような感じです!すごいですよね。
気になった方は今度観察してみてくださいね。

ゴミはあまり、あさらない

虫などを食べることもあるそうですが、
自分から好んで食べるというほどではないそうです。

鳩は動物質のものは好みませんので、人が出したゴミをあさるということはあまりありません。

そこが街でよく見かけるカラスと鳩の違いですし、
鳩は餌を確保するために人には迷惑をかけないということですね。

人があげたスナック菓子やパン

ただ市街地に住む鳩は、どうしても適した餌が少ないので、パンやスナック菓子などがあれば食べます。
鳩が食べるには、塩分が高かったり、脂っこかったり、体には良いものではないようです。

また、鳩が餌も落ちていないのに、
地面をつついている場面をよく見かけますが、それは小石を飲み込んでいるそうです。

驚きですよね?!

鳩は食べ物を咀嚼して食べず、胃が筋肉質のため、飲み込んだ小石ですりつぶすことによって咀嚼をするためです。

ガの幼虫

鳩はガの幼虫なども食べます。

 

鳩には菌がたくさん。餌やりは要注意!

鳩は平和の象徴であり、可愛いので、ついつい餌をあげてしまうという人もいると思います。
うちの子のように、鳩を見たら追いかけたり、餌をあげて喜ぶ子も多いですよね。
しかし、鳩には菌がたくさんあるので、実は注意が必要なんです。

鳩の糞には菌がたくさん

鳩の糞にはカビ、ダニ、ウィルス、寄生虫がいると言われています。

鳩の糞は小さいため、風に乗って運ばれやすく、
糞の中にある病原菌が人の肺に入って増えてしまい、感染症にかかってしまう恐れがあります。

具体的には、トキゾプラズマ、クリプトコッカス菌などであり、
妊婦がトキゾプラズマに感染した場合は胎児に障害が出たり、
クリプトコッカス菌に感染すると髄膜炎や脳炎を発症する恐れがあります。

そうしたことを防ぐためにも、
鳩になるべく接触はしない方がよく、鳩が密集している状態はあまり良い状態ではないと言われています。

ベランダなどに住みつかないように注意する必要があります。

エサをあげない方が良い

鳩の習性として、餌があるところを覚えていて、餌があるところに集まります。

もともとはデンショバトなので、記憶力がとてもいいんです。

餌をあげることで、鳩が集まり、
鳩の糞を沢山されたり、植物を食べられたりする被害もありますし、
病気のこともありますのでなるべく鳩には餌をあげない方がいいようですね。

また本来、鳩は野生動物なので、人間が餌をあげたり、保護することで、
自然の生態系を壊してしまうこともありますので、余計な介入をしないことが大切です。

 

まとめ:鳩に餌やりは周りへも影響を与える

鳩に餌をあげることで、鳩が沢山集まり、糞を沢山されて不衛生になったり、病気に感染するという心配があるんです。

鳩が可愛くて餌をあげたくなりますが、リスクも知ったうえであげないと、
自分だけでなく、気管支の弱い方や妊婦さんなどに悪い影響を及ぼす可能性がある事を知っておきましょう。

子ども達には、

鳩は触らず、遠くで見てようね

鳩さんがお腹を壊してしまうかもしれないから、餌はあげないでおこうね

 

と言って、そっと見守りましょう。
もし、他に餌やりをしている人を見かけて、子供もやりたがったら、
鳩は、本当はガの幼虫が好きなんだよ。と教えてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です