手荒れが酷くオロナインを塗ったら大変な事に…。おすすめな手荒れ対策 | はなまるくらし

手荒れが酷くオロナインを塗ったら大変な事に…。おすすめな手荒れ対策

季節の変わり目や、乾燥した時期に悩まされる手荒れ。
特に水仕事や屋外で過ごす事が多い方は、少し気を抜くと、
みるみるうちにあかぎれ”や“ただれ”になり、治りかけてはぶり返して…
の繰り返しになってしまう事も…。

 

そんな時、役に立つのが処方箋なしでも買える塗り薬。
その中でも長い歴史と沢山の効能があり、何かと重宝されるのが

『オロナイン軟膏』

あなたも一度は親に塗られた事があるのではないでしょうか?
家庭の救急箱には必ず入っていると言ってもいい頼れる救世主です。

主な効能は、

にきび、吹き出物、はたけ、やけど(かるいもの)、
ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、
水虫(じゅくじゅくしなちないもの)、たむし、いんきん、しらくも・・

引用:オロナイン公式サイト

 

最近はその効能の多さからも注目を浴びていますが、

「オロナインを使って、手荒れがもっと悪化した…」

という声も聞こえてきます。

オロナインの効能にもしっかりあかぎれなど荒れた症状にも効くと書いてあるのに
なぜ手荒れが悪化してしまう様な事が起こるのでしょう…。

今回は、オロナインの本当の姿を浮き彫りにしていきたいと思います。

 

 

オロナインの成分から分かる意外な落とし穴!

オロナインは色々な症状に効くとされています。
その主な成分は、

◎ 有効成分(1g中)
クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg
◎ 添加物
ラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸Al/K、マクロゴール、
グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、
ワセリン、自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水
※ステロイドは入っていません。

簡単に言うと殺菌成分と保湿成分です。

この保湿成分には、油分も多く含まれており
肌の表面を覆う為だけに調合された保湿成分です。

【肌が乾燥せずに患部を修復できるようにオロナインが患部を守っている】

…という様なニュアンスです。

これは驚きですよね!!
オロナインに傷を治す成分が入っていないんです!!
私はてっきり入っているんだとばかり思っていました…。

どうやら、殺菌効果と保湿の性質からも言えるように、
オロナインを塗って治る患部の程度は〈軽度のもの〉であるという事になりますね。

患部の肌が自分で治せる程度の状態でなければ、

オロナインは効果がない…

それどころか、患部とオロナインの相性によってはとんでもない目に合う事もあります。

 

 

悪化した手荒れの犯人はオロナインの副作用だった!!

では、オロナインの本当の姿を垣間見た所で、
最初にお話しした「オロナインを塗ったら手荒れが余計にひどくなった」という話に戻りたいと思います。

なぜひどくなったのか…それは〈副作用〉の影響であると考えられます。

荒れがひどいという事は、肌が炎症しているという事です。
少しの刺激でも肌はダメージを負っていく状態です。

まず優先的にやる事は、その炎症を抑える薬を塗る事であって、
オロナインを塗る事ではありません。

 

オロナインの説明書にある使用上の注意欄では、

一般的に湿疹といわれる【ただれやかぶれなどの症状がある患部には使用しない事】と注意喚起がされています。

もちろん、副作用が出る可能性もきちんと説明されており、また
下記の様な副作用による症状例も記載されています。

〈発疹、発赤、かゆみ、はれ、乾燥、ひびわれ〉
このような症状が出た場合は、オロナインを塗り続ける事は絶対にやめましょう。

 

頑固な手荒れにおすすめな方法は、こまめな手入れを欠かさない事!

私は肌が敏感な方なので、毎年手荒れに悩んでいました。
でも、ここ4、5年はひどい手荒れにはなっていません。
その理由は、とにかくお手入れを徹底した事にあります!

  • 水仕事はなるべくゴム手袋を使う。
  • 寒い日に外を歩く時は必ず手袋をするようにし、外出先でもハンドクリームを塗り込む。
  • 寝る前もしっかりとクリームを塗り込んで手袋をします。

 

さすがにこれだけ手を加えると、だいぶ効果が見えてきますよ。
せめてどれか一つでもいいので、挑戦してみて下さい。
続けていけば少しずつでも効果が現れるはずです!

 

手荒れにおすすめの保湿クリーム ロベクチン

ロベクチン

雑誌やテレビなどのメディアでも多数取り上げられている保湿クリームのロベクチン。
超低刺激・高保湿、天然美容保湿成分配合です。

もともと乾燥肌で手荒れで悩んでいた私の手はすっかりすべすべの手になりました。
このクリームに出会えてなかったら、今もきっとガサガサの手と共に辛い日々を送っていたことでしょう。
それくらい出会えて良かったと思えるクリームです。

手荒れで悩んでいる方、敏感肌の方、乾燥肌の方、
実際に使ってみての感想やレビューを別記事で詳しく書いたので、ぜひご覧ください。

主なロベクチンの特徴はこちらです。

  • 皮膚を刺激する成分を含んでいません。
    乳幼児を含む全年齢の人が毎日安心して使用できます。
  • 独自のバリアリペアコンプレックス™
    バリア機能が損なわれているお肌の油水分バランスを取り戻し、
    うるおいを離さず角層1つ1つを隙間なく整えます。

  • 天然美容保湿成分16種類ゴールデンバランス配合
    荒れてしまったお肌や敏感肌にも最適な保湿効果を与えます。

  • ベタベタしない
    しっかり保湿されながらもスベスベ感が体験できます。

  • 口コミも高評価
    @cosmeの口コミ評価にて6.2(7点満点中)を獲得
    テレビや雑誌などでも多数取り上げられています。

 

 

ロベクチンを塗ってこの手袋をして寝ていました。

 

まとめ

肌もほんの数ミリ下は粘膜と同じです。
とても敏感で繊細である事を忘れてはいけません。

ひどくならないためにも、ケアをしっかりと行いましょう。

ロベクチン 公式サイトを見てみる>>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です