晦日の意味知ってますか?大晦日との違いと大晦日の過ごし方 | はなまるくらし

晦日の意味知ってますか?大晦日との違いと大晦日の過ごし方

どうして12月31日のことを大晦日っていうのか知っていますか?
毎月晦日と呼ばれる日があって、12月31日には大晦日があるんです。

大晦日の昔ながらの過ごし方を紹介してますので、
ぜひ取り入れて、気持ちの良い年越しをしていただけたらいいなと思います。

 

晦日の意味。

まず、「晦日」の読み方は、
「みそか」「つごもり」「かいじつ」の3つがあります。

現在の私たちが使っている暦は、明治5年に採用された”太陽暦”になりますが、
太陽暦になるまで使っていた暦は”天保暦”というもので、
この天保暦を”旧暦”と呼んでいます。

旧暦と聞くと、聞いた事ありますよね?

旧暦では、月の満ち欠けによって暦を決めていました。
新月を1日として、次の新月の前日までを1ヶ月とするんです。
月の満ち欠けの周期が約29.5日ですから、
日数が多い月(大の月)が30日までで
日数の少ない月(小の月)が29日までとなり、旧暦には31日がなかったそうです。

「みそか」とは三十日(みそか)30日のことだったのですが、
現在の新しい暦(太陽暦)変わってからは31日ができたため、
月の最終日の事を「みそか=晦日」とよばれるようになりました。

 

「つごもり」とは、旧暦でいう月の満ち欠けの月の隠れる頃が月末となり、
「月籠(つきごもり)」が変化して、「つごもり」と読まれるようになりました。

「かいじつ」とは、月が隠れるという意味で「晦日」の音読みです。

このように「晦」は月が隠れる様を表現しており、
月の最後の日のことを「晦日」と呼ぶのです。

 

それぞれに意味があり、昔の方が読み方には風流がありますね。

 

大晦日は晦日でもある。

月の最終日が晦日ですから、
12月は31日が晦日となります。
さらに12月は1年の最終月になりますので、
1年を締めくくる月として、
12月の晦日に「大」がついて「大晦日」と呼ばれるようになりました。

12月31日は「大晦日」であり、「晦日」でもあるということですね。

 

毎年大晦日を過ごしていますが、1年の締めくくりとして、
大晦日にむけて準備することや、この日にだけすることがありますね。

 

大晦日はどんな事をして過ごすの?風習は?

大晦日は単なる1年の最終日というだけでなく、昔から行われている風習には色々な意味が込められているんです。

新しい年をお迎えするにあたり、身も心もリセットするために必要な習慣として、行っていきたいものです。

 

・大掃除

お正月にお迎えする歳神様は豊作をもたらす神として、家々を訪れると言われており、
歳神様に気持ちよく来ていただくために「大掃除」をして1年のすすを払いきれいにします。

 

・年越しそば

大晦日から元旦に向けて過ごす年越しの夜には、蕎麦を食べます。
そばは他の麺より切れやすい事から今年一年の災いを断ち切るという意味があります。
また、細く長い形状から長生きできますようにという長寿や健康の意味もありますね。

 

・除夜の鐘(じょやのかね)

「除夜の鐘」は12月31日の除夜(大晦日の夜)の深夜0時を挟む時間帯に、お寺の鐘をつくことです。除夜の鐘をついたり、聞いたりして過ごします。

「除夜の鐘」は多くのお寺で108回打つことが決まっています。
108とは、仏教思想に基づいた煩悩の数だと言われています。

「煩悩(ぼんのう)」とは「心を惑わし、身を悩ませる」ものであり、
お寺の鐘をつくことで煩悩を1つずつ取り除いて、清らかな心でお正月を迎えるための儀式になります。

 

 

 

まとめ

晦日は月の最後の日。小さな区切りの日なのです。
大晦日は1年の大きな区切りの日となります。
どの風習にも素敵な意味が込められていますので、次世代へも受け継いでいきたいですね。

最近では、大晦日はカウントダウンで盛り上がる事も増えてきましたが、
昔ながらの年越しそばと食べて、除夜の鐘をきき、新しい気持ちで新年を迎えてみてはいかがでしょうか?

 

おせちにこだわってみてもいいですね。

近年お子様のいる家庭ではキャラクターのおせちが大人気です。
ディズニーやキティちゃんなどありますよ。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です