鏡開きは包丁NG!?マナーに沿った方法とおすすめ餅料理をご紹介! | はなまるくらし

鏡開きは包丁NG!?マナーに沿った方法とおすすめ餅料理をご紹介!

鏡餅

日本には、数え切れないほどの伝統行事があり、
春夏秋冬その季節ごとに風景を楽しんだり、豊作を願ったり祝ったりしていますよね。

その中でも、特に身近で認知度の高いものが年末年始の行事だと思います。

 

あなたの家でも小さな頃から初詣に行ったり、おせち料理を食べたりしていたはずです。
年末から年始にかけて行われる行事や口にする食べ物には、ひとつひとつ大切な意味があるのを知っていましたか?

 

例えば、

【鏡開き】

お正月の間、床の間やリビング、神棚などに飾っていた鏡餅は
(一般的には1月11日頃に)
飾っていた場所から下げて、家族皆で食べましょう。

…という行事なのですが、

実は鏡餅、包丁で切ってはいけないんですよ!
あの丸い姿のふくよかなお餅には、とてもとても大切な意味が込められているんです。

 

あなたが、鏡餅に包丁を使ってはいけない理由と
昔の人々が鏡餅に込めた神聖な意味を知った時、きっとまたひとつ日本に根付く伝統の美しさを感じる事が出来るはずです。

 

 

鏡餅を飾る理由。包丁で切ってはいけない理由

そもそも鏡開きという行事はとても歴史あるもので、古くは江戸時代から行われていたとされています。

昔は年の初めには各家に【歳神様】というその年の神様がやって来るとされていました。
その歳神様の一時的な住処にして頂く為に鏡餅は置かれます。

そして、
年始を過ぎた頃に行われる鏡開きをもって、歳神様をお見送りしていたそうです。

 

そういった背景から、
【鏡餅には神様の力が宿っている(残っている)のだ】と言われていました。
そして、

「歳神様が宿ったお餅を食べる事で、お力にあやかろう!」

昔の人々はそう考え、鏡餅を大切に食していたようです。

ここまでくれば、なぜ鏡餅に包丁を入れてはいけないのか見当が付いてきますよね?
そう、神様のお力が宿っているものだからです。

 

ちなみに、もうひとつ説得力のある理由があります。

それは、

“切腹を連想させるから”というものです。

個人的には、この理由はとても納得出来ました。

硬さはともかく、その見た目は丸くてつやつやしていて
なんだか切るのが痛々しげに感じますよね。

 

 

鏡餅はたたき割るのが本来のやり方

本来は、鏡開きには木槌などを使い叩き割るのが習わしです。
でも実は…お餅がうまく叩き割れない事が多く、カスも散らかり意外に大変なのです。

 

〈コツはしっかりと乾燥させる事!〉

天日干しなどをして、なるべく水分を飛ばしましょう。
乾燥している度合いによって砕きやすさが全然違います。

 

鏡餅をある程度の大きさまで砕いたら、電子レンジで温めてから千切るのもおすすめですよ。

 

鏡餅を使って出来るおすすめ料理

さて、お次は鏡餅を使って出来るおすすめ料理をご紹介します。

実は鏡餅のお餅は、昔からおしるこにするといいと言われているんです。

日本や中国などアジアの国々では、
小豆には厄除け、魔除けとしての意味があった

日本では、神聖な鏡餅を小豆と一緒に食べられる「おしるこ」が一番縁起が良いとされていたのです。

 

鏡餅を叩き割った際に細かく砕けすぎてしまった時や
小さな粒が最後に残った時には、揚げ餅”を作りましょう!

よーく乾燥させてから揚げましょうね。
最近は抹茶塩やゆず塩、カレー塩などの一味違った個性的な調味料が増えてきているので、
そういった味付けにチャレンジするのもいいですよ!

揚げ餅は年齢を問わず喜ばれると思いますので、来客時のお茶うけにも大活躍です!

 

まとめ

鏡餅には神様の力が宿っていた…。そう考えると、鏡開きという行事がとても厳かなものに思えます。思い返してみると、日本に息づく伝統行事の多くで、神様の存在が感じられます。

昔の人々は、季節の移り変わりを神様に感謝し、神社に行かなくとも家や畑で手を合わせて願うだけで神様を身近に感じる事ができ、心安らかに過ごしていけたのだろうと思います。

私は、今回知った鏡餅と鏡開きの歴史を通して、現代の忙しなさを痛感しました。
私達は気付かないうちに、神様の存在を忘れて伝統行事を事務的にこなすようになってしまったのかも知れません。

次のお正月には、少しでも豊かな気持ちで、家族みんなで歳神様をお迎え出来ればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です