ふるさと納税は節約の味方!やり方を初めての方にも簡単に解説します | 5人家族のはなまるマネー

ふるさと納税は節約の味方!やり方を初めての方にも簡単に解説します

ふるさと納税のやり方

ふるさと納税ってお得なの?
やってみたいけど、よくわかんないんだよなー

るー

てんまるこ

私はふるさと納税を4年やっているよ。
簡単だし、本当にお得な制度なんだよ

ふるさと納税をすると、自己負担額2,000円だけで、食料品から家電、ギフトカードなど様々なものがもらえます。

節約に興味がある方ならぜひ、ふるさと納税に挑戦してみてください。

この記事では、はじめての方にもわかりやすく、「ふるさと納税って何?」「どうやってふるさと納税ってするの?」という疑問についてを紹介していきます。

 

\Amazonギフト券がもらえる「ふるなび」がおすすめ/

ふるさと納税とは?節約のメリット主に2つ

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは簡単にいうと、
通常自分の住んでいる自治体に納税している所得税、住民税を自分の選んだ自治体へ寄付する仕組みの事。

てんまるこ

ふるさとと言っても、地元や住んでいる自治体でなくてもOK!好きな自治体に寄附できるよ

やることは至って簡単!主にこの2つだけです。

  • 好きな自治体に寄附する
  • 申請書を提出する(ワンストップ特例制度)

この2つをするだけで、「返礼品がもらえる」「税金が控除される」という2つのメリットがあるので、
「節約になる」「お得である」という理由からふるさと納税をする人が年々増えています。もちろん私もその一人。

MEMO
申請書を提出するだけでOKなのは、ワンストップ特例制度を利用した場合のみです。
自営業の方や医療費控除などで確定申告をする方は、ワンストップ特例制度は使えないので、ふるさと納税分も確定申告が必要です。
後で詳しく解説します

1.寄付した自治体からお礼の品がもらえる

ふるさと納税 お礼の品 肉

ふるさと納税は自分の住んでいる自治体ではないところへも寄附するので、
寄付した自治体から「寄附してくれて、ありがとう」という気持ちからお礼の品(返礼品)として、特産品などをもらえます。

てんまるこ

我が家では、お肉やお米、ビールを主にもらって食費の節約をしているよ

ふるさと納税は、各自治体が工夫を凝らして、自慢の特産品を返礼品として扱っています。
自治体としても、全国へ特産品をアピールすることができるので、品質の高い商品が多いのがうれしいポイント。

てんまるこ

もらいたい品のある自治体へ寄附したり、災害などが起こって大変な自治体へ寄附することで応援することもできるよ
MEMO
返礼品は寄付金額の3割~5割のものが多いです。
例えば、10,000円寄附したら、3,000円から5,000円相当のものが返礼品としてもらえます。

年々国の指導により、還元率の高いものが減ってきているので、少しでもお得なものを選ぶという方法もアリですね!

2.税金が控除される

ふるさと納税では、合計寄附額から2,000円を引いた額が所得税と住民税から控除(還付)されます。
※控除上限額は収入や家族構成によって異なります。

例えば、年収500万円で、約4万円の寄付した場合。

 

・お礼の品として寄付金額の30~50%の特産品(約12,000円~20,000円相当)がもらえます。
・38,000円の所得税・住民税が控除されます。(自己負担2000円)

ほんの少しの手間で、自己負担2,000円で12,000円~20,000円の特産品がもらえる!!!

ふるさと納税のやり方をわかりやすく簡単に解説

1.自分の控除上限額を調べる

ふるさと納税では年収、家族構成などによって、控除を受けられる金額が異なります。
年収の高い人ほど税金も多く払っているので、控除もたくさん受けられるようになっています。

なるべく自己負担額2,000円で多くの税金控除をして、よりお得なお礼の品をもらいたいですよね?
そのためにもきちんと、まず自分の控除上限額を調べておきましょう。

準備しておくと便利なもの

・源泉徴収票
または
・確定申告書の控え

>>控除上限額を調べてみる

2.寄附する自治体を選び、寄附する

ふるさと納税はふるさと納税サイトから寄附できます。

ふるさと納税サイトによって、掲載している自治体が違ったり、ポイント還元など独自のサービスを行っているので、好みのサイトから寄附してください。

主な納税サイトの特徴

ふるさとチョイス・・・掲載自治体数No.1。多くの品から比較検討したい方におすすめ。

さとふる・・・サイトが見やすい。お届け日を選べるので、便利。

ふるなび・・・寄付金額の1%分のAmazonギフト券がもらえる。(2018年12月31日まで2%に増量中)

楽天ふるさと納税・・・楽天スーパーポイントがもらえる。楽天スーパーセール時に寄附すれば、よりお得。

\Amazonギフト券がもらえる「ふるなび」がおすすめ/

3.お礼の品と寄付金受領証明書が届く

寄附受領書
寄附した自治体からお礼の品と「寄附金受領証明書」が届きます。
お礼の品はありがたく頂戴しましょう。

「寄付金受領証明書」は自分が「いつ、どこの自治体へ、何円寄附したか」を証明するものです。
確定申告の際必要になるので、必ず大切に保管しましょう

4.寄付金控除の手続きをする

ワンストップ特例制度

税金の控除を受けるには、「確定申告」または「ワンストップ特例制度の申請」が必要です。
ワンストップ特例制度というのは、確定申告をしなくてもOKという手続きの事です。

ワンストップ特例制度が使える人

・年収2000万以下の会社員

・1年の間にふるさと納税をおこなった自治体が5つまでの会社員

・ 医療費控除や、住宅ローン控除1年目などの確定申告をする必要が無い人

「確定申告」または「ワンストップ特例制度の申請」をしないと、税金の控除はされません。
ただ高い買い物をしただけになってしまうので必ず手続きをしてくださいね。

一度やってみると想像以上に簡単なので、安心してくださいね。

5.所得税、住民税が控除される

住民税控除

以上のような流れを行うと、「寄附した金額の合計から2,000円を引いた金額」が所得税や住民税から控除されます。
これで、ふるさと納税で節約、お得になるという流れです。

ふるさと納税で「所得税の還付金と住民税の控除額を合わせた金額+自己負担金2,000円」が「寄附した金額」とだいたい合っていると思います。

所得税の還付はおよそ3月~4月頃。住民税の控除は翌年6月から始まります。
ちゃんとふるさと納税ができているか不安な方はきちんと確認してみましょう。

所得税の還付(3月頃還付)

所得税は確定申告をした方のみ、確定申告後1~2カ月で、確定申告時に記載した口座に還付金が振り込まれます。
※還付金の金額は所得税率によって決定します。
ワンストップ特例制度を利用した方は所得税は還付されません。すべてが住民税の控除になります。
国税還付金

住民税の控除(翌年6月から控除)

住民税が本当に控除されているかは、毎年5月か6月頃に勤務先からもらう(自営業の方は役所から届きます)
「給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定・変更通知書(納税義務者用)」を見るとわかりますよ。
▼こういった横長の用紙です。
市民税・県民税通知書

住民税の決定届の真ん中の方の
「市民税税額控除額」と「県民税税額控除額」の2つを足した金額が控除される金額です。

ふるさと納税をするときの注意点

納税者名義で寄附すること

住民票に記載されている名前と住所で寄附してください。住民票の内容と異なっている場合は、税金の控除申請ができません。
クレジットカード払いにする場合もカード名義が納税者である必要があります。

専業主婦に得なし

そもそも専業主婦の方は、所得税や住民税を払っていません。そのため、還付や控除はありません。
旦那様のふるさと納税を奥様が代わりに行う場合は、必ず旦那様名義になっているか確認しましょう
カード払いの時の名義も旦那様のものを使います。

引越したら、寄附した自治体へ連絡!

ワンストップ特例制度を利用した方で、
「ふるさと納税をしたあと、同じ年に引越しをした場合」は、翌年の1月10日までに「申告特例申請事項の変更届」を提出する必要があります。

複数の自治体へ寄附した場合はすべての自治体へ提出します。

確定申告をされる方は、特に連絡の必要はありません。

同じ自治体に寄附する場合は要確認!

返礼品がとてもよかったからと、同じ年にもう一度同じ自治体へ寄附した場合、
自治体によっては、2回目以降お礼の品がもらえないケースもあります。(返礼品は一人につき年1度までの自治体も)

各自治体によって異なりますが、2回目以降の場合は、申込みの時よく確認しましょうね。

ふるさと納税をさらに得する方法とは?

ふるさと納税はとってもお得な制度ですが、さらにお得になる方法があります。

クレジットカード払いでポイントをもらう

ふるさと納税は、多くの自治体でクレジットカード払いができます。
大きな金額なので、ぜひクレジットカード払いでポイントをもらいましょう!

楽天ふるさと納税を利用する場合

楽天カード

楽天ふるさと納税の場合は楽天カードがおすすめ。
楽天市場内で利用すると3%還元です。(通常は1%還元)
5万円寄附すると、1500ポイントもらえますよ。

>>楽天ふるさと納税でよりお得に!ポイントをたくさんもらう必勝法とは

その他のふるさと納税サイトを利用する場合

楽天以外のふるさと納税サイトを利用する場合、
私のイチオシは年会費無料で還元率が1.2%と高い「リクルートカード」です。
例えば、5万円寄附したとすれば、600円分のポイントがもらえます(^^♪

>>子育て主婦はリクルートカードを使うべき!おすすめする理由と評判を紹介

ふるなびから寄附する

ふるさと納税サイトの「ふるなび」では、寄附金額に対して1%のAmazonギフト券コードがもらえます。(2018年12月31日まで2%に増額中!)

条件は、

  • ふるなび(登録無料)に登録済みでログインした状態で寄附すること
  • ふるなび関連サービスのサイト上から寄附すること
  • クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済による寄附

もちろんクレジットカードの利用に対してのポイントももらえるので、ポイントの二重取りができますね。

還元率1%のクレジットカードで支払った場合
ふるなびからAmazonギフト券1%+クレジットカードポイント1%=合計2%分還元されるということです。

 

\ふるなびの下記の自治体ではさらにお得なキャンペーンをやっています。/
(キャンペーン期間 2018年10月1日~ 2018年12月31日)

自治体Amazonギフト券主な返礼品
北海道羅臼町3%羅臼の魚おすすめセット時鮭の親子漬け
徳島県佐那河内村11%蔵出し熟成みかん「極」
長野県小谷村11%ジャージー牛アイスクリームセット
山形県大石田町6%特別栽培米「はえぬき」60㎏
静岡県南伊豆町11%ひもの詰め合わせセット

Amazonギフト券3%~11%ってめちゃくちゃお得なので、ぜひ覗いてみてください。たくさんの返礼品の中から選べます。

\Amazonギフト券がもらえる/

まとめ:ふるさと納税で税金を安くして、さらに特産品をもらっちゃおう

ふるさと納税とは

 

ふるさと納税で寄附すれば、税金も控除され、さらにうれしい特産品ももらえます。

やることは、

  • 寄附できる上限金額を調べる
  • 寄附する
  • 申請書を提出する

この3つだけ。(ワンストップ特例制度の場合)

 

少しでもお得にふるさと納税をしたいなら、「ふるなび」か「楽天ふるさと納税」がおすすめ!ぜひ、ふるさと納税でトクしちゃいましょう。

\Amazonギフト券がもらえる/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です