フリースを洗濯すると縮むの?柔軟剤は使うべきか?おすすめの洗い方 | はなまるくらし

フリースを洗濯すると縮むの?柔軟剤は使うべきか?おすすめの洗い方

冬に大活躍のフリースをできるだけ長く着たいというあなたへ
きちんとしたフリースのお手入れの方法を紹介します。

フリースを他の洗濯物と一緒に洗うと、
毛玉ができたり、少しゴワゴワになった感じがしたりしませんか?

・縮むの?
・ネットに入れるべき?
・柔軟剤は使うべき?

フリースをきれいに保つおすすめの洗い方、洗濯方法を紹介します。

 

フリースの洗濯機での洗い方、注意点

まず、フリースの素材は、ポリエステルでできているので、自宅で十分に洗える素材です。

 

どんな衣服にも共通していますが、
念のため洋服に付いている洗濯表示を確認して洗濯をしましょう。

以下のマークがあれば、自宅で洗濯可能です。

参照:新しい洗濯表示/消費者庁

フリースは摩擦に弱く、静電気を帯びやすい素材なので、
ほこりが付きやすくなったり、繊維どうしが絡まって硬くなりやすいという特徴があります。

そのため、
フリースは摩擦をできるだけ避けて、洗濯をする必要があります。

 

乾燥機にかけると縮む!
静電気防止のためにも柔軟剤を使おう!

では、摩擦を避けるための洗濯のポイントを紹介します。

【フリースの洗濯方法のポイント、注意点】

・裏返しにする。

・目が細かめの洗濯ネットに入れる。

・「ドライコース」か「手洗いコース」で。

・オシャレ着用洗剤を使う。

・柔軟剤を使う。

・乾燥機は使わない。

洗濯機で洗うポイントをポケットがあれば何か入っていないか確認し、
チャックがあれば全て閉めてから裏返します。

裏返したままたたみ、目が細かめの洗濯ネットにいれます。
ネットに入れた状態で、洗濯機に入れます。
この時、他の衣類は入れずにフリースのみで洗うのが望ましいです。
(できればでOKです。ここまでするのは難しいですよね?)
私はセーターなどと一緒に洗っています。

洗濯機の洗濯コースは、「ドライコース」か「手洗いコース」にしましょう。
洗濯機のコースは、機種によっても違いますので、できるだけ優しい力で洗うコースを選択します。

この時に使う洗剤は、デリケートな洋服を洗う「おしゃれ着用洗剤」を利用しましょう。
おしゃれ着用洗剤を利用することで、素材を傷めずに洗濯することが可能です。

仕上げには柔軟剤を入れて、
フリースをふんわりと仕上げ、静電気を抑えるようにしましょう。

脱水も短時間ですることが大事で、3分以内にすませられるようにします。
脱水が終わったら、形を整えて陰干ししましょう。

乾燥機の使用は静電気を帯びやすくなったり、縮むので、やめましょう。
フリースはポリエステル素材なので、乾きやすいですよ。

 

フリースは手洗いがベスト。洗い方

実はフリースは洗濯機より手洗いがベスト!
ずーとやわらかい肌触りをキープしたいという方はぜひ、手洗いしてみてください。
汚れが浅いうちに、まめに洗うと手洗いでもきれいになりますよ。

【手洗いの仕方】

1.たらいや洗面器に入れた水かぬるま湯の中に、おしゃれ着用洗剤を入れる。

 

2.押し洗いをする(20~30回程)
この時、汚れが気に部分を外側に出して、手の平で優しく押して洗います。

 

3.すすぎやすいように、たたんだ状態で洗濯機で30秒ほど脱水します。

 

4.すすぐ。きれいな水かぬるま湯をはって、洗ったときと同じように優しく押し洗いをしてすすぎます。(水がきれいになるまで3回ほど繰り返す)

 

5.水がきれいになったところで、柔軟剤を入れて優しく押し洗いします。

 

6.最後に洗濯機の脱水を3分ほどしてから、形を整えて陰干しします。

もし、フリースにシミがついていたり、汚れが気になる場合は、
汚れに直接洗剤の原液をかけて、軽くしぼったタオルで叩いてから洗うと汚れが落ちやすくなりますよ。

フリースの特徴

フリースは、ポリエステル素材で作られた柔らかい起毛仕上げの繊維素材です。

フリースの長所

フリースの長所は、以下の事が挙げられます。

・保温性が高い
・速乾性がある
・軽くて、肌触りが柔らかい
・安く買える

フリースの短所

一方で、フリースの短所は、以下の事が挙げられます。

・静電気が起きやすい
・火花によって簡単に穴が空いてしまったり
・洗濯の摩擦による毛玉ができやすい

これらの特徴を見ても、
摩擦による毛玉ができるのを防ぎ、静電気が起きるのを抑えながら、
本来のフリースの良さを生かして洗濯をする必要があることがわかりますね。

 

まとめ

フリースはおしゃれ着用洗剤で優しく洗い、柔軟剤も使って洗うのがおすすめです。

これだけ丁寧に洗えば、縮むことはないですし、ふんわりとした肌触りで仕上がることができます。

フリースの長所である暖かで軽くて肌さわりのよいところを十分に生かしてこれからも寒い時に離せない一枚として活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です