土鍋がひび割れした時の対処法 捨てる前に試してみる価値あり | はなまるくらし

土鍋がひび割れした時の対処法 捨てる前に試してみる価値あり

涼しくなってきて温かい食べ物がおいしい季節になりましたね。
あなたは久しぶりに土鍋を使って料理しようとみてみると、
土鍋にひびが入っていることに気が付きました。

この土鍋どうしますか?諦めて捨てちゃいますか?
ひびの度合いにもよりますが、、少しのひびなら直すこともできるんですよ。
捨てる前にぜひ試してしてください。

 

土鍋にひびが入る原因は?

土鍋は当然のことですが、陶器でできていますよね。
陶器ということは、土でできているということになります。

土をよく練って、土鍋の形にしてから焼き、
釉薬(ゆうやく)というものをかけて陶磁器の表面を覆うガラスの層をつくり、
もう一度焼いて作ってあります。

この土の中に細かな空気が入っているのですが、
空気は熱くなると膨張し、冷めた時に縮む特徴があります。

この特徴によって、
土鍋を火にかけて熱くなった時に中の空気が膨張して、ひびがはいる訳です。

この細かなひびが入いることで、
温めた時のエネルギーが分散して、突然大きなひびが入るのを防いでもくれるのです。

また、ひびにも良いひびと悪いひびがあります。
入っていても大丈夫なひびは、
蜘蛛の巣のようにひびがはりめぐらされたものや、
1本だけ目立つひびが入ったものになります。

これらのひびは、使い始めや土鍋が熱に慣れていない時に入ることが多いようです。

その一方で、
土鍋のふちや取手までひびが入っていたり、上から押すとずれるような感じがするひびは、
火にかけると割れる可能性がありますので、土鍋をそのまま使うのは危険なひびになります。

このひびが入ってしまったら、使うのを止めなくては危ないですね。

 

土鍋がひび割れした時の対処法

土鍋にひびが入った時や、土鍋を初めて使うときには
「めどめ」をするといいと言われています。

「めどめ」とは、おかゆを炊くことで、
土鍋に8分目ほどのお水を入れて、ご飯を大さじ1杯ほど入れます。
ガスの火は弱めから始めて、沸騰してから強火にし、
おかゆを炊いてから冷めるまでそのままにして置いておきます。

そうすることで、
ご飯から出た細かなでんぷんが
土鍋のひびの中に入ってひびをふさいでくれるのです。

ごはんの他に、
小麦粉や片栗粉でも同じように水に入れて炊くことで、ひびをふさいでくれます。

そうしていくことでひびが目立たなくなり、
土鍋も煮えやすく丈夫な土鍋に育っていきます。

 

お鍋をした後は、
シメに雑炊をしたり、
うどんやラーメンを入れることが多いですよね。

このシメで食べるものもでんぷんが含まれている物ですから、土鍋にはよさそうですね。

 

土鍋を割らないように注意すること

土鍋は土という素材上、
中に小さな空気が入っていますので、温度の影響を受けやすくなります。

ですから、性質を理解した上で取り扱いに注意が必要です。
急激に熱くしたり、冷たくしたりすると、温度差で大きなひびが入ることがあります。

底に水がついていると、温度差が生じて割れやすくなりますので、
・土鍋を火にかける時は、きちんと土鍋の底の水を拭いてから火にかけることが必要です。

・土鍋を洗うときも、土鍋が冷めるまで待ってから洗いましょう。
そうしないと、急激な温度変化で割れる危険性があります。
また、
・土鍋の中に何も入れずに火にかける「空焚き(からだき)」もいけません。

みなさんがよくやりがちなのが、
土鍋で鍋をして余ったので、次の日に食べようとそのままにしておくことです。
これもひび割れの原因になることがありますので、
・残った物は別の容器に入れて保存して、温める時に改めて土鍋にいれるようにしましょう。

 

まとめ

土鍋には良いひびと悪いひびがあるんです。

細かなひびの場合は「めどめ」をしたり使っていくことで
土鍋が丈夫になり割れにくくなるので、扱い方に注意しながら
そのまま大切に使いましょう。

急激な温度変化に注意しながら、美味しいお鍋料理を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です