コーヒーフレッシュは代用できる?手作りもできます。   | はなまるくらし

コーヒーフレッシュは代用できる?手作りもできます。  

手軽にまろやかさを出せると重宝するコーヒーフレッシュですが、
決して健康にいいとは言えず、あまりいいイメージがありません。

私も、コーヒーフレッシュの原材料が水と油と添加物
知ってからは嫌悪感さえ感じてしまいました。

ですが、牛乳だけでは何となく薄い気もするし、
生クリームだけを入れるくらいなら、もっとひねりが欲しい…

(どうせなら自分で作れないかな…)

はい、できます!
しかも意外と簡単に!手作りできるんですよ。

コーヒーや紅茶を愛するあなたのブレイクタイムをより豊かに華やかにする為に、
その一部をご紹介したいと思います!

 

 

コーヒーフレッシュを代用するのにおすすめなもの

まずは、コーヒーフレッシュの代用案で一番ポピュラーなのが牛乳

コクやまろやかさは少なめですが、すっきり飲めるので後味はとてもいいですよ。

次が生クリーム

とてもコク深くまろやかになり、かなり本格的な味になります。
少し調子に乗って入れ過ぎると、どっしりとしたミルク感が全面に出てきます。
それはそれで、特別感があっていい!
…のですが。やっぱりちょっと勿体ないと思ってしまいました…。

生クリームは牛乳よりもずっと高価で、使い道も沢山あります。
それをコーヒーに直接なんて…!
(ちょっと贅沢したいな…)
なんて時には、大変おススメです。
余った分は料理やお菓子作りに使ってもいいですしね。

あとは、好き嫌いが分かれるとは思いますが

ホットに入れるならマシュマロ
アイスに入れるならアイスクリームもおすすめです。

どちらも、もともと乳成分と糖分が入っているので
砂糖の代用も兼ねますし、まろやかさが十分にプラスされます。

糖分が多いので、甘党の方が大好きな組み合わせですが、
少し足すだけでもだいぶ変化が生まれますよ!

 

 

コーヒーフレッシュの作り方

ご自分でオリジナルのコーヒーフレッシュの代用品を
“作りたい”方へは、少しの手間で最高のコーヒーが味わえる、
特別な時間にピッタリの手作りコーヒーミルクの作り方をいくつかご紹介します!

オーソドックスな牛乳×生クリーム

牛乳と生クリームを足すだけで作るお手軽タイプです。
バランスとしては、生クリームが多いほど、コクが深くまろやかになります。
好みの濃さを探すのも楽しいですよ!

本格的な見た目や味を追求!加熱製法

牛乳、生クリーム、もしくはそのふたつを混ぜ合わせたものを
加熱し煮詰めて作る方法があります。

吹きこぼれる直前から弱火にして様子を見ながら煮詰める
かなり時間がかかり、その間は手も離せません。

電子レンジの場合は強弱を使い分けて作ります。
成功すれば、その手間が報われるとろみのある本格的なコーヒーフレッシュになります。

最後にバニラエッセンスやリキュール、シロップなどを加えるとオリジナリティ溢れるミルクが出来上がるので、

是非挑戦してみて下さい!

 

 

まとめ

私は、身体への影響を気にしながら市販の食品を口にするよりも、
手間や時間がかかっても本物のまろやかさを味わいたいと思います。

牛乳には牛乳のスッキリとした良さがありますし、
生クリームには独特のしっかりとした存在感があります。

ですが、一番のおすすめは、なんといってもやっぱり
“自家製コーヒーミルク”これは格別です!

自分で作ったコーヒーミルクを味わってしまうと、
市販のコーヒーフレッシュに手が出せなくなります。

それは自分で作る達成感や、シロップなどが出す
【自分だけの味と香り】によっての効果だと思います。

特に輸入食品店などにはフレーバーシロップやリキュールも揃っているので、
気軽にオリジナルのコーヒーミルクが作れちゃいますよ!

 

コーヒー好きなあなたには、こんなサービスがあります。
我が家も利用中▶▶プロが厳選したコーヒーを毎月お届け【極上コーヒーセレクション】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です