ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて、年間7万円節約に成功 | はなまるくらし

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて、年間7万円節約に成功

こんにちは。3児ママのてんまるこです。
ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え

通信費の節約のため、スマホをソフトバンクから格安スマホのワイモバイルに乗り換えしました。(番号そのまま)

ソフトバンクの時の通信費は、
・iPhone6sの16Gを2台(夫と私)
・ソフトバンクAir
通信費がスマホ2台+インターネットで月々19,000円ほどかかっていました。

 

ワイモバイルに乗り換え後の通信費は、
・iPhone6sの32Gを2台(夫と私)
・ソフトバンク光
結果、月々の支払いが、スマホ2台+インターネットで月々13,000円になりました。

月々6,000円の節約です。
年間72,000円の通信費の削減に成功しました!

7万円節約できたから、旅行行けたよ!

しかも、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるにあたって、
新規でiPhoneを買いました。本体代の分割費用もいれてもかなり安くなったんです。

格安スマホってよくわからない・・という方も多いと思います。私も実際そうでした。
今回は、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた実体験を詳しく紹介します。

ソフトバンク以外からワイモバイルに乗り換えた場合さらに安くなりますよ。

格安スマホって何?

格安スマホとは、格安でスマホを使うことができるサービスのこと。
スマホに「格安SIM」というもの挿入すれば、格安スマホの完成です。
格安スマホって何

格安SIMを利用するために「ワイモバイル」や「mineo」といった格安スマホ会社を利用するんです。

なぜ、格安SIMは安いのか?

格安スマホ会社は大手キャリア(ドコモやau、ソフトバンク)の回線を借りています。「MVNO」ともいいます。

大手キャリアは回線をつなぐためにアンテナをたてたり、色々な設備投資をしています。その分通信費は高めですよね。

格安スマホはその設備投資がないため、価格が安く利用できます。
また、店舗が少ないので、人件費の削減も安い理由です。

私がワイモバイルに決めた理由

さまざまな格安スマホ会社がある中で、私は「ワイモバイル」に決めました。
その最大の理由は、「店舗があるので、困った時相談できる」点です。

ワイモバイルは格安スマホ会社には珍しく、2000以上の店舗があります。、初めての格安スマホで何不安な方にとって、店舗がある事は気軽に相談できるし、とても安心ですよね!

また、新しいiPhoneが安く使える点も決め手になりました。
今まで使っていたiPhoneはバッテリーの持ちが悪くなっていたし、16GBで容量が限界を感じていたので、新しいiPhoneが欲しかったんです。

今のiPhoneを使って、SIM単体だけをワイモバイルで契約してもいいかなと考えましたが、
2年契約の途中で今のiphoneが壊れた時、新品のSIMフリーのiPhoneを買うとすると、定価で購入することになります。
iPhone高いですからねー。

ワイモバイルでスマホプランでセット購入すると、割引がきくので、少し安く買えるんです。
なので、乗り換えを機に新規iPhoneを購入しました!

ワイモバイルのメリット

・店舗がある

・通話が10分まで何度でも無料

・速度が速い

・家族割引がある

・インターネットとの併用で割引がある

・iPhoneを扱っている

ワイモバイルのデメリット

・他の格安スマホよりは少しだけ高い

・データ容量が月々最大14GBまで

・2年契約の縛りがある

通話もできて、速度も安心もあって、安いのはすごいですよね。
データ容量については私はだいたいWi-Fi環境のある家にいて、外ではたまに調べものをしたり、LINEをしたりするくらい。
外でいつも動画を見たりしないのであれば、問題ないと思います。

2年契約の縛りはありますが、安いし、特に不自由を感じていないので、2年使えばいいかなと考えています。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて料金はどうなった?

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて、実際どれくらい安くなったのか。

 Softbank  ワイモバイル
機種本体代金  3,900円
(iPhone6s 16GB)
 2,916円
(iPhone6s 32GB)
基本料金  1,700円  -
データ定額  5,000円(5GB)  4,298円(6GB)
ウェブ使用料  300円  -
おうち割 光セット  -1,410円  -756円
月々割  -3,195円  ‐1,296円
ワンキュッパ割  ‐1,080円(12ヶ月間)
その他
(あんしん保障パック、通話料)
 1,000円  10分間まで通話無料
(回数無制限)
 7,295円  4,082円

iPhone6sの32GBを新規購入すると、本体代70524円。月々割で1296円×24回割引きになるので、31104円引き。実質39420円で買えることになります!

これは私の場合の例です。
以下の方はワイモバイルに乗り換えるとさらに安くなりますよ。

  • 今使っている携帯をそのまま使う場合
  • 定額のデータ量が6GBもいらない
  • iPhone 6sじゃなくて、SEでもいい
  • iPhoneじゃなくて、アンドロイドでもいい
  • 今使っている機種を下取りに出す
  • ドコモやauから乗り換え

簡単に料金シュミレーションができるので、ぜひ確認してみてください。

ワイモバイルへ申込みから利用開始までの流れ

では、実際にワイモバイルへ乗り換える時の手順を紹介します。

  1. ソフトバンクでMNP予約番号を取得
  2. ワイモバイルへ申し込み
  3. 機種届く
  4. 開通←ソフトバンクは自動解約

ソフトバンクでMNP予約番号を取得する

番号そのままでワイモバイルでも使えるようにするには、MNP予約番号が必要です。
MNP予約番号は電話で簡単に取得できます。
MNP予約番号は15日間の有効期限があり、ワイモバイルで契約する際は有効期限が10日以上残っている必要があるので、
MNP予約番号を取得後は、速やかにワイモバイルの申込み手続きをしましょう。

ソフトバンクMNP予約番号お問い合わせ窓口
ソフトバンク携帯から「*5533」へ電話
受付時間:午前9時から午後8時
注意
MNP転出手数料が3,000円かかります。これはどこの携帯会社へ乗り換える場合にもかかってくるので、必要経費と思いましょう。
後日、今までの携帯代といっしょにソフトバンクから請求されます

ワイモバイルへ申し込む

MNP予約番号を取得したら、早めにワイモバイルへ申込みしましょう。
>>Y!mobileオンラインストア

  1. 公式サイトから希望の端末、もしくはSIMカードを選択
  2. 料金プランを選択
  3. 購入手続き

申込みの際、本人確認書類とMNP予約番号、クレジットカード情報が必要なので、事前に準備しておきましょう。

新機種もしくは新しいSIMが届く

新機種もしくは新しいSIMカードが届きます。
間違えや破損などないか確認しましょう。

開通。ソフトバンクは自動解約

初期設定をして、無事ワイモバイルで開通です。
初期設定は同刊の資料を参考にしてくださいね。

これでソフトバンクは自動的に解約されます。とくにこちらから連絡する必要はありません。

 

ワイモバイルを使ってみた感想

ワイモバイルは店舗もあるし、通話もできる。
キャリアメールもあるし、速度も問題なし。

特にキャリアから変えて、変わったなぁという点が全くないんです。
他の格安スマホの場合、通話ができなくて、LINE通話などを使って音が悪いなど聞きますがそれもないです。

また、うちは義母がガラケーなので、キャリアメールって結構使うんです。Gメールなどのフリーメールでもいいんですが、
埋もれてしまってすぐにメールに気が付けない場合があるので、キャリアメールがあるって地味にうれしいです。

我が家は家に固定電話をひいてないので、学校や習い事にかけたりと通話もちょこちょこ使います。
10分もはしゃべらないんですが、無料って分かっているので、結構長い間でも安心してしゃべれます(^^♪

でも、
スマホの料金はソフトバンクの時よりも月々3,000円×2台=6,000円も下がりました!

もっと早く乗り換えれば良かった!!

 

まとめ:ワイモバイルに乗り換えて、通信費を節約しよう

キャリアスマホを使っている方、ぜひワイモバイルへ乗り換えましょう。
2年契約の更新までまだしばらくある方も違約金を払ってでも乗り換えた方が安くなる場合があります。

例えば、月々3,000円安くなるなら違約金1万円はらっても4ヶ月後には格安スマホの方が安くなりますよね?

ぜひ、あなたもワイモバイルデビューしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です