16インチの自転車は身長何センチくらいまで乗れるの?おすすめの選び方 | はなまるくらし

16インチの自転車は身長何センチくらいまで乗れるの?おすすめの選び方

子どもは乗り物が大好きで、男の子も女の子も物心ついた頃から
自転車が欲しいと言うようになりますよね。

初めて自分の自転車を買ってもらったらどんなに喜ぶことでしょう。

大人とは違って子どもは身長がどんどん伸びるし、
自転車もサイズ選びが難しくて、考えてしまいます。

子どもの自転車のサイズはどうやって決めたらいいのか、
自転車を変える時はどんなタイミングがいいのか、

16インチの自転車を例にして、おすすめの選び方を紹介します。

 

子ども用の自転車はどんなものがある?

まず、子ども用の自転車には主に3種類に分かれます。

トレーニングバイク

トレーニングバイクは主に12~16インチでペダルがなく、足で地面を蹴って進む自転車です。
ブレーキが付いている物と、付いていない物があり、
最近では、ペダルを後からつけられる物もあります。
(こうなったら普通の自転車になりますね)

バランス感覚を養うことに優れているため、これでバランス感覚をつかんだら、
自転車に補助輪を付けなくてもすぐに乗れるとも言われています。

実際、我が子はこのタイプのストライダーと呼ばれるもので
3歳頃から遊んでいました。
すると5歳にはすんなり補助なし自転車が乗れるようになりましたよ。

補助輪なし自転車の練習なんてほぼしないでわずか10分ほどで乗れるようになったので、本当に驚きました。
夫は子供の自転車を乗る練習を必死にするのを、
なんとなく父親像として思い描いていたようで、出番なしで拍子抜けしていましたが・・。

キッズサイクル

12~18インチで補助輪が付いているモデルが多い自転車です。
中にはかじ取りが出来るように、後ろにハンドルが付いているものもあります。

成長に合わせて、補助輪も取ることができます。
2歳~8歳対象で、身長80㎝~125㎝の子どもに適している大きさです。

ジュニアサイクル

20~24インチで、補助輪が取れた小学生くらいに適した自転車です。
5~11歳対象で、身長110㎝~154㎝に適している大きさです。

 

 

初めての自転車をトレーニングバイクにするか、キッズサイクルにするかを決める必要がありますが、
3、4歳から乗り始める場合は、トレーニングバイクからの方がお勧めです。

トレーニングバイクのブレーキなしに乗りなれるとブレーキ付きの自転車へ乗り換えた時になかなかブレーキが使えなくて危ないと聞きますが、
子供の吸収力はすごいので、
あっという間にブレーキの使い方も覚えましたよ。

 

 

自転車のサイズの選び方:16インチを例にあげて

子どもの自転車のサイズを選ぶときは、おおよその目安がありますが、
自転車に直接乗ってみることが大切です。

サイズ表記は車輪径であり、同じインチでも、メーカーやモデルによって、
多少対応身長が違ってくるからです。

また、長い期間乗れるようにと大きめの自転車を買ってしまいがちですが、
子どもの場合は、ブレーキをかけることがうまくできませんので、
両足がしっかりと地面につく大きさが望ましいです。

止まれないだけでなく、自転車が大きすぎると怖くなって、
自転車自体に乗ることを嫌がるようになることもあるからです。

「足がしっかりとつくか」
「ハンドルとブレーキをしっかりと握れるか」

を実際に乗ってみて確認してみましょう。

おおよその目安として、対応身長と年齢を挙げます。

  • 12インチ:85~105cm前後、2~4歳
  • 14インチ:95~110cm前後、3~5歳
  • 16インチ:105~120cm前後、3~6歳
  • 18インチ:110~125cm前後、4~8歳
  • 20インチ:115~130cm前後、5~9歳
  • 22インチ:120~140cm前後、6~11歳
  • 24インチ:125~155cm前後、7歳以上

16インチを例に挙げてみると、身長105~120㎝の子どもが対象になります。

周辺のお母さんの話を聞くと、
16インチの自転車は
4歳の誕生日に自転車を買ってあげるという人が多い
ようです。

4歳の平均が100~105㎝ですから、その後の成長も考えると、
乗ってみて足が地面につけば、16インチの自転車がおすすめです。

幼稚園の年長さんで120㎝あれば大きい方ですので、
小学生に上がる頃までは使うことができます。

 

まとめ

最近は、トレーニングバイクでぺダルを使わず、バランス感覚とスピード感覚を養ってから、ペダルをつけて自転車に乗られるように練習する人が増えているようです。

ペダルを漕ぐと足がハンドルに当たったり、子どもが自転車が小さいと言い始めた時が、
次のサイズへの変え時かもしれません。

いくら自転車を買い替えても、
子どもが乗り換えてくれなければもったいないですものね。

お金はかかってしまうかもしれませんが、
子どもの身長の変化に応じて、適した大きさの自転車を選び、
万が一のためにもヘルメットをしっかりかぶって楽しく乗ってほしいものです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です