【実験】りんごの変色防止には塩水?砂糖水?短時間で効果的なのはこれ。 | はなまるくらし

【実験】りんごの変色防止には塩水?砂糖水?短時間で効果的なのはこれ。

りんごは美味しいし腹もちもよく栄養も豊富、
置き換えダイエットでも注目された優秀食材ですよね。

でも、そんなパーフェクトなりんごにもひとつだけ欠点が…

それは『変色』
りんごは皮を剥いてしまうと、断面が見る見るうちに茶色く変化していきます。

大きな味の変化はありませんし、
瞬間的に傷んでしまった訳でもないのですが、
茶色いりんごを見ると、何となく食欲が減退してしまいます。

 

子供のお弁当に入れた時も美味しそうな色のままのりんごを食べさせてあげたいですよね。

りんごの変色は、酵素と酸素が結合して起こる【化学反応】です。
それを防ぐ為に、日々、色々な方が沢山の方法があみ出しています。

塩水につけたり、砂糖水につけたり、レモン水につけたりはちみつにつけたり。。
実際、何が一番効果的なのでしょうか?

 

今回はなるべく時間がかからなくて変色を防止する方法を調べるために
実験してみたので結果を紹介します。

 

 

 

りんごの変色防止に最適なのは、はちみつ!

お弁当を作る時って、あれこれ作ったり朝幼稚園の準備など忙しいですよね?
そんな時に時間のかかる方法はやりたくありません。
今回は5分でできるりんごの変色を防ぐ方法を試してみました。

 

試してみたのは、
塩水、砂糖水、レモン水、はちみつ水の4つ

塩水・・・・200mlの水にひとつまみの塩を溶かします。
砂糖水・・・200mlの水に大さじ1の砂糖を溶かします。
はちみつ水・・200mlの水に大さじ1のはちみつを溶かします。
レモン水・・200mlの水に大さじ1のレモンの絞り汁を溶かします。

それぞれの水に5分だけ漬けてみました。
順番に塩水、砂糖水、はちみつ水、レモン水です。

 

結果はどうなったでしょう。

【漬けた直後】

 

 

【5時間後】

 

なんと、はちみつに漬けたものだけが変色していません。
りんごの変色防止に効果的なのははちみつ水という事がわかりました。

あとはあまり効果なしという残念な結果がでました。

今回は5分だけ漬けるという比較的短い時間で行ったので、
もう少し長時間つけたり塩や砂糖を多くいれて濃度を高くしたら、また違った結果が出たかもしれません。

 

しかし、
特に塩に関しては、独特の尖った塩気が最初に来るので苦手な人も多いですし、
りんごの水分が少ない場合には塩が余計にりんごの水分を奪い、更にパサパサに感じる事もあります。
レモン水もあまり長時間つけておくと、すっぱくなるようなので注意が必要です。

 

調味料を水で薄めて使う方法にもうひとつ、

『酢水』

に浸ける…という方法がありますが、
一般的にはこれはゴボウなどの根菜の変色防止に使われる方法ですよね。

私の主観で言わせていただくと…この方法はおすすめしません。
その一番の理由は“難しさ”にあります。

次項にて、その詳しい理由をご説明していきます!

 

 

 

りんごの変色防止には浸ける水の濃度が重要です!!

実は、わざわざ○○水を作って浸けたとしても結局変色してしまった…という事はよくあります。今回の結果もはちみつ意外は変色してしまいました。
それにはその○○水の濃度が大きく関係しています。

塩や砂糖の濃度が薄いと、
りんごは変色の化学反応を抑えるだけの分量を吸収出来ないので、水から上げた後に結局茶色くなってしまうのです。

 

塩水や砂糖水は高濃度で10分から15分つけた場合、変色防止に成功します。

もし、はちみつが家にない場合は、塩や砂糖水でやってみてください。

でも逆に、酢を使っての失敗例は比較的多く見られました。

 

私が実際に行ってみて感じたのは、
酢は、商品によりかなり味の濃さに違いがあり、割合を把握しにくかったという事です。
(安価な酢を使った際に、有名なメーカーの穀物酢でうまくいった時と同量の酢を使いましたが、変色を防げなかった事があります。)

 

基本的には、作った水を自分で舐めてみて、
「しょっぱい(甘い、酸っぱい)」などと、しっかりと感じられるくらいでなければ、変色は防げないと思います。

 

最適な濃度でりんごを浸ける為には、調味料の濃さにより、その都度加減が必要だという事ですね。

 

 

まとめ

りんごの変色を防ぐのって、簡単なようで結構難しいですよね。
でも、一度ちょうどいい割合を見つけさえすれば、後はこっちのもの!

短時間で簡単に変色防止できるのは、はちみつです。

200mlの水に大さじ1のはちみつを溶かす。
そのはちみつ水に5分だけりんごを漬けておくだけ。

 

うまく変色を防げたりんごは、6~8時間はキレイなままです。
お弁当に入れる事も出来ますし、飾り切りをしたりんごもキレイなまま、
食卓に出す事が出来ます。

ほんのり優しい自然の甘さを感じられる、ちょうどいい味になりますよ!

 

1歳未満のお子様ははちみつに含まれるボツリヌス菌が増殖しやすく危険なので、使用しないようにしましょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です