5人家族の電気代は月平均いくら?我が家の実績も公開|たったこれだけで節約できる | 5人家族のはなまるマネー

5人家族の電気代は月平均いくら?我が家の実績も公開|たったこれだけで節約できる

5人家族の電気代はいくら

やばい!今月の電気代、過去最高。
この金額って普通?5人家族の電気代って月々いくらくらい何だろう?

るー

てんまるこ

この機会に電気代の見直しをしてみよう!

家族の人数が増えれば増えるほど、電気代は高くなる傾向があります。

それもそのはず。
人数が増えると、どうしても広い家や大きな家電が必要になってきますからね。

しかし、家族が増えたり、生活環境が変わっても、電気代を一度も見直ししたことがないという方がほとんど

それはとってももったいないことです。

例えば、近年でこんな変化はありませんか?

  • 子供が生まれて、家族が増えた
  • 共働きになって、昼間は家にいないことが多くなった
  • ペットを飼い始めた

など。

家族構成や生活環境の変化に合わせて電気会社やプランを見直すだけで、同じ使い方をしていても、月々の電気代が安くなるかもしれません。

てんまるこ

電力自由化で電気会社を個人で簡単に変更することができるようになったんだよ

この記事では、5人家族の電気代の平均金額と簡単に電気代を安くする方法について紹介するので、一度見直ししてみてくださいね。

5人家族の電気代の平均金額はいくら?

5人家族の電気代の平均を総務省の家計調査で調べてみました。

地域だったり、オール電化の家庭などで多少違いはあると思いますが、参考にしてみてください。

以下、2018年のものです。

電気代ガス代
2人9,559円4,346円
3人11,024円5,201円
4人11,719円5,036円
5人12,846円4,954円

参照:総務省統計局 家計調査

5人家族の電気代の平均金額は12,846円。

あなたの家の電気代が13,000円以上なら、ぜひ見直しを検討してみてください。

しかし、これはあくまで平均金額です。

電気代は1年を通じて、暖房やエアコンを使う夏や冬が高くなる傾向があります。

参照:総務省統計局 家計調査(二人以上の世帯の電気料金の推移全国平均・2018年)

春や秋の安い時期の金額を見て、うちは12,000円以下だからこんなものかと安心するのはまだ早いですよ。

てんまるこ

大事なのは、あなたの家の電気代と使用量を知ることです。

電気料金の仕組み、計算方法|従量電灯の場合

突然ですが、あなたは電気料金の仕組みは知っていますか?

東京電力、中部電力、関西電力、東北電力などなど・・従来からある電力会社では、ほとんどの方が「従量電灯」という料金プランで契約しています。

従量電灯の電気料金は、

基本料金(契約アンペア数によって変わる)+電力量料金(電気の使用量×1kwhあたりの単価)

 

もしくは

最低料金+電力量料金(電気の使用量×1kwhあたりの単価)

で計算されます。

例えば、東京電力(従量電灯B)の場合。
基本料金と電力量料金は以下のように設定されています。

基本料金
10A280.80円
15A421.20円
20A561.60円
30A842.40円
40A1,123.20円
50A1,401.00円
60A1,684.80円
電力量料金
最初の120kwhまで19.52円
120kwh~300kwhまで26.00円
300kwh以上30.02円

多少金額の違いはありますが、大手電力会社は同じような仕組みになっています。

  • 契約アンペア数が上がるにつれて、基本料金は上がっていきます。
  • 電力量料金は3段階に分かれていて、使用量が多ければ多いほど、高くなります。

5人家族の場合、月々の電力使用量が300kwhを超えている家庭が多いと思います。
これが電気代が高くなっている原因です。

電気代を安くするためには、電力の使用量を減らしたり、契約アンペアを変更できないか検討してみるのも1つの手ですね。

しかし、夏にエアコンをつけないなどといった節約はあまりおすすめできませんし、契約アンペアを下げた結果ブレーカーが落ちてしまっては困ります。

そこで、おすすめしたいのが、電力会社の変更です。

てんまるこ

基本料金0円、使った分だけ払うタイプの新電力会社へ変更すれば、簡単に電気代が安くなる可能性がありますよ。

【我が家の実績公開】5人家族の電気代はいくら?使用量は?

我が家の電気代と使用量を公開します。(2018年分)

もちろん家庭環境によって違いはあるかと思いますが、5人家族の電気代のリアルの一つとして、参考にしてください。

  • 夫婦2人+子ども3人
  • 夫と子供は会社、学校で日中不在。
  • 私はほぼ一日在宅。
  • ペットは飼っていない
  • 北東北在住(東北電力)
  • 夏はエアコン、冬は石油ストーブを使用。
使用量電気代
1月324kwh8,732円
2月293kwh7,855円
3月277kwh7,477円
4月352kwh9,709円
5月279kwh7,695円
6月311kwh8,624円
7月374kwh10,590円
8月352kwh9,944円
9月287kwh8,028円
10月261kwh7,371円
11月237kwh6,757円
12月276kwh7,881円

年間平均で計算すると、月301.9kwh。8,388円。でした。

重要なのはここからです。

我が家の場合は、300kwh以下の月が7か月。300kwhを超えている月が5か月。でした。

なので、従量電灯プランでもそこまで高くなくて、新電力会社に変更しようとシミュレーションしてみましたが、あまり変わりませんでした。詳しくは楽天でんきで本当に電気料金が安くなる?シュミレーションしてみようを参考にしてみてください。

楽天でんき 電気代楽天でんきで本当に電気料金が安くなる?シュミレーションしてみよう

てんまるこ

300kwh以上使っている月が多い家庭は安くなる可能性大ですよ。

まとめ|5人家族の電気代の平均は13000円。見直しをしてみよう

家族が多ければ多いほど電気使用量は多くなり、大手電力会社の従量電灯プランだと1kwhあたりの単価高くなります。

しかし、「基本料金0円+使用量単価一律」の新電力会社を選べば、電気代を安くすることは十分可能です。

ぜひ、一度自分の家の電気代と使用量を見て、新電力会社への変更を検討してみてください。

新電力会社を選ぶポイントとしては、

  • 基本料金0円!
  • 解約手数料0円!
  • 初期費用0円!

のところを選べば、安心です。

私のイチオシは、

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です